EC・通販

【ECサイト構築】売れる商品とは??【商品開発の基本】

【ECサイト構築】売れる商品とは??【商品開発の基本】

bannermisaki




【ECアイドルかれらっ!vol.16】

こんにちは!

もうすっかり秋ですね。
宣言通り秋服を買いに行きたい所ですが
iPhone6にも強く心惹かれています。

どうした私の物欲。

なんでも手に入る前が一番楽しいと
前向きにとらえてみます。
セブンコードのアイドル、かれちゃんです。

EC-1

さて!前回は今アツいECサイト【eBay】についてご紹介いたしました。

今回は商品の開発方法についてご紹介していこうと思います。

【商品開発】

顧客の期待は5つの階層に分けることができます。
最も基本的な「中核ベネフィット」から
「基本商品」「期待商品」「膨張商品」「潜在商品」という順で上がっていきます。

「中核ベネフィット」…
顧客が実質的に手に入れる最低限の機能。
「基本商品レベル」…
商品と呼べる最低限の状態(法規で定められた表記がある等)。
「期待商品レベル」…
購買者が通常期待するレベル。
「膨張商品レベル」…
購買者の期待を超えるレベル。
「潜在商品レベル」…
将来の可能性に焦点を当てたレベル。

商品の開発では市場の成熟度および競合状態と自社の位置づけを考えて
どの階層レベルで企画するべきかを決める必要があります。

商品の開発=新しい製品を生み出すことではありません。

商品本体に加えて、
【付属品】【パッケージ】【付帯サービス】【価格】
この4つの要素を決定し、実装する必要があります。

【商品本体】

商品本体を設計する要件として材料、機能、デザインの3つの要素が挙げられます。
「材料」ではどのような品質レベルの材料を使用するかだけではなく
中心となる材料の含有量も検討する必要があります。

「機能」では、どのような機能を付加するだけではなく、それぞれの機能レベルも検討します。
「デザイン」はユーザー体験を左右する非常に重要な要素です。

EC-2

【付属品】

購買は、商品本体を手に入れるためではなく、目的を達成するために行われることが多いです。
そのため、付属品は商品の重要な要素になり得ます。
例をあげると、電池で動く商品には電池がはじめからついていたり
組立てが必要なインテリアには、組立用の道具がついていたりしますよね?あれです。
痒いところに手が届くといった
顧客の共感が得られるセッティングを工夫する必要があります。

EC-3

【パッケージ】

パッケージは顧客が一番初めに目にする商品の姿です。
よって商品コンセプトを一目で伝える必要があります。

商品のコンセプトが「高級」なのに、チープなパッケージではなんだか的外れで宜しくありません。
コンセプトが「エコ」ならばパッケージもエコな必要があります。

EC-4

【サービス】

その商品について熟知しているユーザーなら余計なサービスは必要ないと感じるかもしれませんが
初心者ならば利用可能な状態まで、手取り足取り導いてくれるサービスを望む可能性が高いです。

例を挙げると、最近のインターネット上でアパレルやシューズの販売です。
サイトではサイズや質感が伝わりづらい商品なので、一定期間は返品にかかる費用を無料にするサービスが増えています。

サービスの追加はコストがかかることなので慎重に収支を検討して導入すべきではありますが
競争優位性や顧客満足のために欠かせないものとなりつつあります。

EC-5-1

あれ???
価格について書いて無くない??と思ったそこのあなた!
そうです!価格については今回触れていません。
商品を販売する際一番重要視されるのはやはり価格だ!ということで
来週詳しくご紹介いたします!
ご期待くださいませ☆

それではまた!来週まで、じゃねばい☆

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top