「ザ・セブンコード色が
どう進化するのか、興味深かった」
万能タイプのデザイナー

セブンコード人事マネージャー和音りぷと(以下り)のデザイナーインタビュー

Name

丹羽 花子

From

兵庫

Profile


類稀なデザインセンスの持ち主
デザイン、カメラ撮影も出来る万能型
特にロゴデザインが秀逸
何故か変顔も凄く得意

デザイナー歴
5年

interview 01

デザインに興味を持ったきっかけ

はなちゃん(以下、は):昔から絵を描くことや家族や友達に誕生日カードなどを自分でデザインして作るのが好きで、将来お仕事にできたら幸せだろうなぁと思っていました。
きっかけとしては、インターンシップでデザイン事務所に必死な想いで応募して受かったことで、デザイナーへの可能性が見つかったことが大きかったかもしれません。
役者活動よりも個人事業主のほうが周りで評価されていたため仕事に集中するべく起業しました。

り:必死に努力して、好きなことをお仕事にしたんですね!素敵です!

interview 02

ジョイン前のセブンコードの印象

は:おもしろいこと、楽しいこと、もしくはぶっとんだアイディアをこんなに全社的に行っている会社があるんだ!という印象でした。
失敗してもいいからとにかくやってみる、動いてみるというアクティブ精神が素晴らしいと思います。

り:チャレンジしていくのがセブンコードの良さですねもんね。

interview 03

セブンコードにジョインしようと思った理由

は:これからセブンコードがどう生まれ変わっていくのを近くで一緒に創っていけるというところが、おもしろそうと思い参加させていただきました。
今のセブンコードさんの、ザ・セブンコード色がどう進化するのか、というのも興味深かったです。

り:はなちゃんの手でセブンコードがパワーアップしましたもんね!

interview 04

これまでのセブンコードのデザインについて

は:ポップで楽しいデザインを使っているイメージでした。
コンテンツもエンタメ性が高く、そういった要素とすごくマッチしていたと思います。
これからのSESは、今まで取り組んでらっしゃったものと少し毛色が違うので、そこの調整が難しそうだなぁと感じていました。

り:お話を伺っているだけでも難しそうなのが伝わってきます。。。

は:これまでのセブンコードさんとこれからのセブンコードさんを、どう展開していくのかを皆さんで話し合い、じゃあデザイン的にはそれをどう反映させるのかを考えてきました。
ロゴを考える際も、トータル10案ほど、ああでもないこうでもないと、時間がかかってしまいました。
皆さんが望むものを作りたいというところでたくさん相談もしたのですが、なかなかまとめられなかったので、今後デザイナーとしての直感でこれ!と決めることも大事なのかなと思っています。

り:ちゃんとデザインするのって大変なんですね。あ、でも直感ならあたしも得意かもしれません(笑)。

interview 05

取り組みの中で難しかったこと

は:会社の存在位置を定義するのが難しかったです。
セブンコードがどのような立ち位置でこれから活動していくのかということを正確に捉えるのに、かなり時間がかかりました。
会社を運営するということの難しさを、間近で見ていて強く感じました。

り:大事なことですよね。会社自身も自分たちの存在位置をはっきり理解できていない場合も多いですもんね。

は:はい、今後はさらに、洗練された遊び心という、一見矛盾のような2つの要素をうまくミックスし両立させていきたいです。
どちらにバランスが傾いても、おもしろくなくなってしまうと思います。
どう表現するのかがベストかというところも含めて、これから皆さんと一緒に進みつつ、挑戦していければと思います。

り:はい、一緒にがんばっていきましょう!

interview 06

今後のセブンコードにどんな可能性を感じているか

は:アイディアや実行力があるところにとても魅力を感じます。おもしろいけど、それ以上に皆さんが楽しそうなところに惹きつけられます。
きっとこれからますます会社としても発展なさると思うので、一緒に活動でき、近くでそれを見れるということに深く感謝しています。

り:わたしもはなちゃんと出会えて感謝しています!ありがとうございました!

デザイナー はなちゃん

新卒でウェブ制作会社に勤めたのちフリーランスのグラフィックデザイナーに
パンフレット、チラシ、ホームページ、ロゴ等
幅広くグラフィックデザイン制作を行っている。
撮影の依頼も多く、フォトグラファー、ビデオグラファーとしても活動。

Other Engnieers

その他のエンジニア