コンサル

「サイトを消しちゃった!?」ホームページデータの復活・復元の方法

bannermisaki




皆さんこんにちはおたなべです!
ミュージカル『テニスの王子様』全国大会青学vs氷帝白熱してますね!!
日吉の演舞テニスにときめきながらも、やっぱりジローが 大 天 使 !



さてさて、今日はキャッシュについてご紹介。
4月に観劇して参りました、『川崎ガリバー』のブログ記事を例にとってみます。

おたなべのブログはこちら
今回紹介する『川崎ガリバー』記事はこちら

記事部分は今はこんな感じになってます。
tool-5-1
ポスターがあって、文章一部が表示。
ここから文章ずらずら書いてありまして、計3199文字、言わば原稿用紙で8枚弱。
何なんですか私。暇なんですか。
ふむ、こんなに多い文字数ですと、どうしても気になる言い回しが出てきてしまいますね。
よし、直しましょう。


tool-5-2
4月だけでテニスのライブ2回も行っています。リア充ですね。


tool-5-3
このごちゃっとした文字に驚愕。暇か。


tool-5-4
うっかり心の声が文章になりました。
いけないいけない。「Ctrl」+「Z」で戻さなければ。
それにしてもジローくんは天使ですよね。ケンヤくんは相変わらず可愛いですし。まったくもう。







tool-5-5
あれ?










tool-5-6
…………あれ?













うっかり間違えて上書き保存してしまいました。




うわああああああデータバックアップとっておくの忘れたあああああああ
あれもこれも燈くん(ジロー役)が可愛いのとケンヤくんが眩しいのがいけないんです。手元が狂ったじゃないですか!
もう!!え、何かいてたっけちょっとこれ困るんですけど!私の原稿用紙7枚強の時間返して!!!

tool-5-7
内容こんなんなってますよ。原稿用紙7枚強費やした文章は水泡と化し、この数秒で書いた文章が最新になってしまっています。


さて、そんなときの救世主が今回メインの「キャッシュ」です。


一度検索エンジンで内容を復活させたいページを表示させます。今回はGoogleを使いますが、Yahooでも大丈夫です。
tool-5-8


tool-5-9
このように単語で調べても出ないようでしたら、URLそのままで調べてみるのも手ですね。
URL自体削除してしまった場合はホスト名、もしくはドメインと、消してしまった記事に関係が深いキーワードで検索してみてください。
今回の場合ですと、「ameblo.jp/watanabe7chord/」「川崎ガリバー」の2単語を同時に検索すると効果的です。



以上は本当に出ない場合にとっておくとして、「川崎ガリバー」とブログタイトルの一部、ハンドルネーム「nabe」の合わせ技で調べてみました。
すると。
tool-5-10
出ました出ました!
「もしかして:川崎ガリバー 鍋」のすぐ下に表示されてます!私のブログです!
果たして奇跡は起こっているのだろうか………!?






tool-5-11
内容変わらず。下のPR画像が変わっているのみの変化です。
通常のようにページを開いても内容復活はなりません。



さて、内容復活に関してどうしたらいいのかというと、ひとつ前の画面に戻ってみてください。
よく見てみると、URLの横に「▼」がありませんか?
tool-5-12


クリックすると、「キャッシュ」の文字リンクが。
tool-5-13
さらにクリック。






tool-5-14
見覚えのあるこのポスター!!内容復活!!!ドヤ!!!
あとはページを右クリック→「ページのソースを表示(V)」で、欲しい情報をコピー、貼り付けで元通り。
(※CSSなど組み込んでいる場合はこの通りではありません)




今回キャッシュのページの上部をよく見ると、背景灰色でこんなことが書かれていました。

これは Google に保存されている http://ameblo.jp/watanabe7chord/entry-11515931132.html のキャッシュです。 このページは 2013年6月28日 16:37:34 GMT に取得されたものです。 そのため、このページの最新版でない場合があります。 詳細
ヒント: このページで検索キーワードをすばやく見つけるには、Ctrl+F または ⌘-F(Mac)を押して検索バーを使用します。

つまりこのキャッシュは2013年6月28日のもの。その当時のデータが見れるわけです。
検索エンジンの情報は周期的に新しくなるので、もし今回このまま放置してしまったら、一定周期後はそのキャッシュが最新情報として残ってしまいます。
なので、「サイト消えた!」と思ったら早めにキャッシュを見て、情報をコピーしておきましょう。
また、日付からも推測がつくかと思いますが、この日時以降にページのデータを更新していたとしても、その期間のデータは残りません。今回でいうと、6/29〜今日までに新しく追記や編集していたとしても、そのデータはキャッシュには残っていないということです。
他には、この記事をごく最近に書いてURLを取得した場合は、検索エンジンに登録されていない場合も意味を成しません。

例えば2013年7月13日に書いた、ミュージカル『テニスの王子様』全国大会青学vs氷帝の記事
tool-5-15
一致する情報は見つかりませんでした。
このように検索エンジンに引っかからない場合はアウトです。キャッシュからのデータ復活は諦めてください。


キャッシュが有効なのは、あくまでも、

・大体1ヶ月前のデータの場合
・データを消した日より、遅くとも1ヶ月以内

です。
1ヶ月としましたが目安ですので、データを消してしまったことを気づいたらその時点で検索エンジンで探してくださいね!
最新のデータではないかもしれませんが、こつこつ作ってきたサイトの復元には大分役に立ちます。
もし「うっかり☆」という機会には是非とも活用してみてください^^*




○●おまけ●○
サイト復活だああああああああああああああああ
tool-5-17 (2)

tool-5-17 (1)
やったあああああああああああああああああ
tool-5-18
ああああああああああああああああああああ
tool-5-19
あああぁぁぁぁぁぁぁぁ………………………
tool-5-20

tool-5-21

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top