ゲーム

作業用BGM ゲームサウンドトラックまとめ、その2、スクエニ編

bannermisaki

作業用BGM ゲームサウンドトラックまとめ、その2、スクエニ編



作業用BGM ゲームサウンドトラックまとめ、その2、スクエニ編

会社のみんなと遊ぶモンハンにハマッています。

やはり、最低4人は欲しいですね。いい歳した大人が、ワーワーギャーギャー騒ぎながら遊んでます。

間違いなく精神年齢は、小5の33歳です。

harlem006

前回の作業用BGMのまとめの記事が好評なら第2弾を書くとお伝えさせて頂きました。

批判も好評もなく、無反応だったので、私の独断で、キーボードを叩いています。へっへっへ

やはり、ゲーム音楽の筆頭といえば、スクエア・エニックス(以後スクエニ)ですね。

他のゲームメーカーさんも、すばらしいCDを多く発売しているのですが、普通にご紹介しているとスクエニのシェアが結構しめるので、今回はスクエニでまとめます。

また、音楽の趣味、思考は人それぞれですので、私の好みは前回の記事を読んでいただいて、その上で私のオススメCDをご判断して頂ければと思います。
前回ご紹介させていただいた、CDは割愛させていただきます。

スクエニと言えば、やっぱり、ファイナルファンタジー(以後FF)ですね。
その音楽の中でも、バトル音楽。

これを、良い感じにアレンジされて、一枚に収納されているCDがあります。

ジャーン!!

bgm-2

ファイナルファンタジー ディシディアのCD

歴代FFキャラクターで構成された格闘ゲームです。
歴代キャラに歴代のバトル音楽が流れるようです。ようですと言うのは、私はソフトは買っておらず、CDのみの購入です。

ファミコンのピコピコ音源はPSP用の音源でアレンジされているので、音質がグッと上がっています。
ゲームの音楽もプレステからは、音質が上がっていますので、プレステ以降のオリジナルサウンドトラックはキレイで満足しています。

2,3曲は原曲のまま収録されているのですが、バトル曲特集というCDで大変満足しています。

ゲーム音楽好きな人は、これを買っておけば、「まず、間違いなし」という代物です。





bgm-2

聖剣伝説 Legend of Mana オリジナルサウンドトラック

ピアノが大好きな私は、オープニングのピアノが入った音楽にやられました。
アクション形RPGなので、バシバシ敵を切り刻んでいくゲームです。

やりこんでいくと、飽きやすいタイプのゲームですが、音楽が良いと飽きませんね。

バリバリのバトル曲から、ほのぼのした音楽。FFと雰囲気がちがっていて、とっても大好きな一枚です。
作曲者が女性の方で、非常に温かみのある、すばらしい音楽です。





bgm-2

ファイナルファンタジーXII オリジナル・サウンドトラック

ファイナルファンタジーはどのタイトルの音楽もすばらしいのですが、12からは、いつもの作曲者である植松さんではなくなっています。 
ですが、オーケストラを取り入れたこの音楽は、ゲームの曲とも思えない作りであり、クラシックやオーケストラが好きな方にはもってこいですね。1枚目のボス戦の小太鼓?のイントロは大好きです。

ちなみに予断ですが、FFの大ファンとして、一言いいたいのが、ゲームに関しては、このあたりからフラストレーションが溜まってきます。 グラフィック、シナリオ、音楽。一個一個だけみれば、非常にレベルの高い素材なのに、全体のゲームとしてはグチャグチャなんですね。

FF12以降の批判の方は、「漫画で学ぶ、成功の極意」一部ご紹介しています。

最近のFFは本当に迷走していると感じますが、音楽の良さは健在です。ちなみにFF13は産まれて初めて、RPGを途中で諦めて辞めましたが、音楽CDは買いました。





bgm-2

FINAL FANTASY VIII ORIGINAL SOUNDTRACK

ゲームとしては、FF7が一番好きな私ですが、8の音楽はバトル音楽も2つ入っておりまして、オープニングのオペラっぽい音楽など、全体的に色々な要素の入った作りになっています。
オススメは、もう一人の主人公のラグナでの戦闘曲。
こちらは、たしかNHKだったかな?サッカーワールドカップの音楽にも採用されていました。
サッカーニュースの時に流れるのですが、全国的なサッカー放送でFFの音楽が使われていたのが、うれしかった事を覚えています。





bgm-2

Brave Fencer 武蔵伝 ― オリジナル・サウンドトラック

聖剣伝説を超える作品へをスローガンに、発売された武蔵伝。豪華声優人が起用ゲームです。エヴァのアスカの声の人の宮村優子さんも出演しています。

アップテンポのノリやすい音楽で、ドライブしながら聞くのに良いかもです。

ただですね。

残念な事に、このCDには全曲収録されていないのです。

武蔵伝で自分が好きだった曲「音楽師たち」が入っていないのです。なんで!?

アマゾンをみると尋常じゃないプレミアが付いていました。。。
近くのCDショップで見かけたら、即買いをオススメします。





bgm-2

ゼノギアス オリジナル・サウンドトラック

ゲームも面白く、ストーリーが秀逸!!
セーブポイントは民を管理するためのツールだったという、ゲームシステムとストーリーを上手く融合した設定で、度肝を抜かれました。
後にこの設定はFF10で活用されます。
当時のスクエアは、色々なタイトルで良かった所をFFで採用していたんですね。

このゼノギアスの音楽は、マジでかっこええ。 
いい曲だなぁ。誰が作ったんだろうと、作曲者を見てみると、なんと、クロノトリガーを作った作曲者と同じ人だったのには驚きました。

こちらはオーケストラアレンジも出ているので、オリジナル版、アレンジ版と共にオススメです。





bgm-2

クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック

オリジナルサウンドトラックで一押しのCDです。(ちなみにゲームは認めません。私、実は辛口ですよ。すみません)
ゲーム内容は置いておいて、音楽は最高です。
ゲーム音楽では人気部類の戦闘曲ですが、こちらの戦闘曲は、あまりピンと来ないです。
ですが、それを有り余る他の曲の良さ。
村の曲、フィールドの曲、オープニング音楽。本当にすばらしいです。カフェとかでも流すと良い雰囲気になるような音楽も盛りだくさんです。
ゲーム音楽に興味がない人でも、オススメしたら気に入ってもらえるCDです。

クロノトリガー・ゼノギアス・クロノクロス。全部同じ人が作っています。私はこの人の音楽が好きなんだと思います。
復刻版がでるまではプレミアが付いて1万円を超えていたほどの代物です。





bgm-2

ブシドーブレード弍 ― オリジナル・サウンドトラック

和とロックを融合させたすばらしい音楽です。
普通に色々なイベントで使えると思います。
ロック音楽に日本楽器を取り入れた音楽は今までのゲーム音楽とは、違うクオリティで、クロノクロスとは違うテイストでゲーム音楽っぽくない音楽です。
ゲームの人気がなかったせいか、知る人ぞ知るコアなファン向けのゲーム音楽なのが、残念でなりません。

和テイストのFFとかで、この曲使ったら、本当に人気がでると思います。何も知らずに買っても、満足のいくCDです。
特にオススメの「剣戟鳴動」音楽ダウンロードサイトで1曲だけの販売もございます。 今回の中で、1曲だけ、聴いてもらいたいとするのなら、これをオススメします。

なぜならば、私はこのブシドーブレード弐を一切遊んだ事がなくても、音楽がかっこいいと思ったからです。

和とロックの融合。本当にかっこいい一曲です。





番外編
ロマンシング・サガ シリーズ

このゲームを遊んでこなかったのと、アレンジ版CDが最近まででなかったので、詳しく知っているわけではないのですが、
原曲のメロディは、とても好きです。
FFと同じように、いい感じのアレンジ版のCDがあれば、買ってみようと思っています。
自分ではもっていないので、番外編とさせていただきました。

ロマサガの音楽も、ゲーム音楽ファンから、とても人気があります。

マメ知識としましては、ロマサガの作曲者が、スマホゲームのお化けタイトル「パズドラ」の音楽を作っているのです。
スマホにヘッドホンをさして、パズドラの音楽を聴いてみてください。かなりの迫力ですよ。
パズドラのオリジナルサウンドトラックCDも販売していますが、やはりスマホ音源は、私にはちょっと物足りないので、良い音源の物がでるまで、様子見です。

まだまだ、色々ご紹介したいCDがございます。FF7とか、FF4とか。てか、FFの曲は全部かっこいい!!

それで、音楽CDをいまいちバカにしている人に聞いて欲しいのが、ブシドーブレード弐

魅力満載のゲームサウンドトラック。今度はスクエニ以外のまとめを書いてみたいと思います。

みなさんのオススメのCDがありましたら、教えていただけるとうれしいです!!

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top