その他

【沖縄は】暑い夏を楽しむ方法5選【まだ夏】

bannermisaki

【沖縄は】暑い夏を楽しむ方法5選【まだ夏】



猛暑日のニュースも珍しくなくなった今日このごろ。
夏バテや熱中症など、暑さにやられてはいませんか。
そういうなかでもできるだけ快適に、楽しくすごしたいもの。
今回は暑い夏をできるだけ快適に楽しむ方法を考えてみたいと思います。

方法1・海に行く

06

やはり夏といえば海!
涼やかな海風に眺めているだけでも暑さがやわらぐ気がします。
水中に飛び込めば、暑さもたちまち楽しいものに早変わりです。

写真は沖縄本島東海岸の太平洋を撮影したものです。
水が綺麗で海の底までよく見えました。
ちょうど訪れた時に、近海でもずく採りをしている人たちがいました。
素人でもおもしろいように集められるとのこと。
その他、魚やタコも釣れるということだったので、涼みがてら夕飯もゲットできる可能性があります。

方法2・冷たいものを食べる

05

外を冷やすだけでは足りない暑さには、体の中から対抗。
冷たいものを食べると体温もさがり、涼しく過ごせます。
アイスクリームやかき氷などの氷菓もいいですが、スイカなども夏バテにきくそうです。
水分補給もあわせておこなうとより効果的です。

ただ、あまり冷たいものばかり食べ過ぎると、逆に夏バテの原因になったり、体によくないそうなので、ホドホドにしましょう。

方法3・町へ出る

04

この季節なら、たいていのお店は冷房をきかせています。
買い物がてら涼みにいくのもひとつの方法です。
冷感グッズを買うのもいいかもしれません。
ただ、あまりひとつの店に買い物もせずに長く居座ると、店員さんから白い目で見られるので、店舗は複数めぐるのをおすすめします。

水族館のような場所へ行くのもいいですね。
水槽の青や魚の泳ぐ様子は、夏にぴったり。
薄暗くて冷房もきいているので、別世界に来たように暑さを忘れられます。

その他、図書館や役所などの公共施設もタダで涼めます。
気軽に静かで快適な空間を味わえるのでおすすめです。
プラス、ああいうカッチリとしたところにいると、なんとなく賢くなった気持ちにもひたれて有意義な気がします。

方法4・避暑地として旅行に

03

避暑という手もあります。
暑い時期に涼しい場所へ行くのは、人類が昔から行ってきたことです。
特にお金持ちは避暑地を所有していたりします。
うらやましい。

02

でも、今は庶民も比較的手軽に旅行へ行ける時代です。
涼しいリゾート地へ行きましょう。
いえ、リゾート地でなくてもいいのです、いつもと違う旅先はきっとあなたをさわやかな気持ちにさせてくれます。
写真は粟国島の港です。
青い海、青い空、白い雲、のんびりした空気があなたを待っています!

方法5・いっそ出かけずに家にいる

01

究極の方法。
暑いなか、わざわざ出かけてエネルギーを使う愚はおかさない。
家でゴロゴロ過ごします。
我が家が一番快適で涼しいというのは幸せですね。

また、家なら、風鈴を飾ったり、打ち水をして涼しくしたりという昔ながらの納涼法も実践できます。
お金もかからず、なかなか経済的です。

以上、暑い夏の過ごし方5選でした。
暑い時期なら、皆さんもうすでに行っていることばかりかと思いますが、改めて見なおしてみると、いろいろ楽しみ方があるように思います。
ちょっと工夫したり、考え方を変えてみるだけで、いやーな暑さも我慢できないこともないかもしれません。
どうぞ快適な夏ライフを。

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top