その他

クーリスーマスーが今年もやーってくるー

bannermisaki

クーリスーマスーが今年もやーってくるー



サンタさん さんさん!サンタ!さんさんサンタ!!!
クーリースマースおしょーうがーつーナイースコーンボー!!

このころのももクロは神だな・・・

はいどうも!クリスマスの申し子こと緒方です!

いやー今年もこの季節がやってきましたね、「クリスマス」!!

クリスマスと言えばサンタさん!!もうこの読者の皆さんは、もらう側からあげる側になってる人も多いのじゃないでしょうか。

あのころをもう一度思い出してみよう!ということで

「セブンコード社員の子供のころにもらった印象的なプレゼント発表」コーナー!!!誰得!!!
さて一体みんなどんなプレゼントをもらっていたのでしょうね。

早速行きたいと思います!!!
※写真はブラック企業ならではのブラックサンタ緒方をお楽しみください。

○新卒女性Kさん

小学生のころ、うさぎがとても飼いたくなったのですが、
両親がペットを飼うのが嫌いであったため、ずっと飼うことができずにいました。

しかし、12月25日の朝起きるとうちにうさぎ小屋があり、中に小さいうさぎが!!
サンタからのプレゼントとして突然うさぎがもらえたのです!とてもびっくりしました。

いいですねー!かわいらしいエピソードです。
「ちゃんとあなたがお世話するのよ?」「ハハハ、母さんこの子は大丈夫さ。なんたって私たちの娘なんだからね。」
みたいなセリフが脳内再生余裕でした。

○女性社員Nさん

一番印象深かったプレゼントは、小学校4年か5年の時に貰ったプリペイド式携帯電話です。
当時、プリペイド式といえど周りに携帯を持っている子は殆ど居なかったので
ちょっとした特別感が何だか嬉しかったです。
携帯にはちょっとしたゲーム機能が付いていたのですが、気がついたら友達が全部クリアしていたのを覚えています。

いやはやこのNさん、なんと私より年下の女の子です。
なのに小学生の時点で携帯を持っていたと。
そのころ僕は中学生。
まだ持っていませんでした・・・
まぁ女の子ですからね。物騒だしありえるっちゃありえるな。

○女性社員Yさん

私の思い出のクリスマスは小3です。

一輪車がほしくて、サンタさんに頼んだところ25日の朝に無事とどきました。

嬉しくて、翌日の夜、うちから徒歩10分のラーメン屋に家族で行くときに乗り、
上り坂で顔面からこけて、一日目にしてサドルが傷だらけになった事と、鼻血を出しながらも必死で
あんかけもやしそば食ったことが一番印象的です。

今ではその一輪車も中華屋もありませんがね。

さすがです。
オチまで用意してくれているあたりにこのYさんという女性がいかにおもしろいかが容易に想像でしますね。
ちなみに僕は中学生まで一輪車に乗ることができました。
男子の間でもとてもはやっていたからです。それだけです。

○女性社員Nさん

N家にはサンタがプレゼントを持ってくるというストーリーが教育の中に無かった為、
クリスマスプレゼントは両親から、なにかしらプレゼントを貰う日という認識でした。

好きな物を貰える日という認識が無いのですが、
貰ったものの中で一番覚えているのは、一輪車を貰った事かもしれません。
小学校に一輪車が導入されて、学校中が一輪車に夢中になった年に、我が家にも一輪車がきました。
あまり、スポーツが得意ではなかったのですが、一輪車を貰った事で、
図書館に行くにも、一輪車で行ったりなど、少しアクティブになったかもしれません。

続いてこちらも一輪車。
ただ、クリスマスのサンタさんという制度は無かったようですね。
オヤジさんが厳格な人だったのでしょうか。
「我が家は先祖代々仏教だ。そんな祭りなぞに浮つくでない。」みたいな。

○男性社員Hさん

一番印象に残ってるのは、幼稚園か小学校の1、2年ぐらいだったかなぁ。
まだサンタさんの存在を信じていた頃
クリスマスの当日の夜に家族で夕食を食べてたら家のチャイムが鳴って
両親に『サンタさんかもしれないから出ておいで』
と言われて妹と一緒に玄関に行ってドアを開けたらリアルなサンタさんがでっかい袋を持って立っていた。
あまりの急な出来事にビックリしてテンションが上がるのを通り越して絶句。
そんな子供二人を見て
『メリークリスマス!』
って言いながら最高の笑顔でプレゼントを渡してくれた。
中身が何だったかは正直全く覚えてない。
興奮して大喜びしてサンタさんが次の家にトナカイのそりでプレゼントを届けに行く姿が見たかったので
ベランダへ出てサンタさんが戻っていくのをこっそりのぞいてた。
しかしサンタさんの向かった先は業者っぽいロゴの入ったワンボックスのワゴンカー。
普通に運転しながら帰っていく姿を見て妹号泣。
両親は『きっとトナカイさんが風邪引いてたんだよ』とか言ってたっけ。
子供だったからそんないいわけで納得させられて楽しいクリスマスが過ごせたのを覚えてる。

今振り返ってみるといい親だったんだなぁ。
親孝行しますw

なんだろう。このやられた感は。
この男性社員Hさんは酒とラーメンで出来ているような方で
常におもしろいことを言ってる人なのです。
なのになぜでしょう。
この全米が泣いたようなハートフルストーリーは。
してやられました。

○代表取締役社長Hさん

小3の時に、エジソンの伝記をもらった・・・
一週間位、拗ねてたのを覚えている。

親に、「せっかくサンタさんからもらったのに、読みなさい!」と怒られて、読みました。
そして図書館で同じ本を見つけて、さらに凹んだ記憶がある・・・

小5の時は、さすがに親も反省したのか、濱○家ではありえないファミコンカセットのプレゼント
でも、ゲームを進むにつれて、夜中に親父がこっそり遊んでいたゲームだとわかる。
中古のソフトを丁寧にくるんで、自分にくれたのだ。

でも、うれしかったのを覚えている。

さすがです。
ネタ持ってるだろうなーと思って聞いたら案の定持ってました。
もし僕がエジソンの伝記をもらっていたらきっとグレていたでしょう。
いや、待て。
むしろ僕も昔偉人の伝記をもらっていたら、
今頃企業して社長になっていたのか!?

息子ができたら伝記を贈ろう・・・

さていかがでしたか?
皆さん、子供の時にもらったプレゼントは覚えていますか?
親に感謝をしつつ、次の世代に受け継いでいきましょう。

ちなみに僕の家庭は裕福だったので
小学校二年生の時点でロールスロイスを3台もらいました。

・・・

メリークリスマス!!!!!

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top