サブカル

世にも奇妙な生物シリーズ Vol.29 ~2013年新種発見まとめ~

世にも奇妙な生物シリーズ Vol.29 ~2013年新種発見まとめ~

bannermisaki




どうも。いよいよ来週はクリスマス。

2013年も本格的に終わりを迎えますね。

新年が始まる前に今年発見された新種の生物をおさらいしたいと思います。

「コンドロクラディア・リラ」

03

こいつは本当に衝撃的でしたね。

この形で肉食生物というから驚きです。

2枚から6枚の放射状の羽根を持っていて、それぞれにハープの弦のような枝が20本以上下から垂直に生えています。

もう形から本格的に意味がわかりません。

その先端は風船のように膨らんでいて、この海綿の表面積を広げてプランクトンなどのエサを捕らえます。

なんのためーにうーまれてーなんのためーに生きるのでしょうね。

「レスラモンキー」

01

めっちゃむかつく。

こういう顔のやついるよね。

このレスラモンキーはコンゴ共和国のロマミ盆地で発見されました。

地元ではよく知られていたのですが、科学界に知られるようになったのは最近のことです。

人間のような目をしたおとなしい性格で、目より耳がよくて、夜明けに一斉に雄たけびをあげる。(怖い)

オスは臀部が大きくむき出しになっていて、睾丸と会陰部は鮮やかなブルーをしている。(めっちゃ怖い)

なんなのか。ち○ち○が鮮やかなブルーて。

「ルキホルメティカ・ルケ」

02

ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああ

怖い。怖いよ。。。

こいつなんだと思います?

光るゴキブリですってwwwww

恐怖!!夜こんなゴキブリがいたら2秒で引っ越す。

毒をもってるコメツキムシを擬態してるんだって。

ということでいかがでしたか?

2013年に発見された俺的奇妙な生物。

来年はどんな生物が発見されるのでしょうか。

虫ってやっぱり宇宙からきたんじゃないだろうか・・・

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top