サブカル

世にも奇妙な生物シリーズ Vol.20 ~絶滅危惧種 in JAPAN~

世にも奇妙な生物シリーズ Vol.20 ~絶滅危惧種 in JAPAN~

bannermisaki




さていよいよ第20回を迎えました。

動物関連はねたが尽きないので楽しいです。

さて台風が多い今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

この三連休は遊びまくると言う方も多いはず。

そんな遊びまくってる中、5分でいいので僕の記事を読んでみてください。

きっとあたらすぃ発見があるはずです。

じゃあさっそく行きます。本日は絶滅危惧種!!インJAPAN!!!

切ない気分に浸って三連休を台無しにしてくれることを祈ります!!

「ツシマヤマネコ」

癒しなり

ツシマヤマネコは長崎県対馬だけに生息しています。

氷河期に大陸と日本列島が繋がった時に、対馬に渡ってきたと考えられています。

国の天然記念物であるツシマヤマネコは今、絶滅の危機に瀕しています。

1970年代までは対馬全島に約300頭が生息していたらしいですが、現在はわずか80~110頭ほどしかしか残っていないみたい。

きゅんっ・・・

どんどん数は減る一方。悲しいです。

「エゾオコジョ」

06

エゾオコジョは北海道に住むイタチの仲間。普通のオコジョより少し大きいらしい。

くっそかわいい顔してるけどなかなかに獰猛で、ウサギとか捕らえて食べるらしい。

怖すぎワロりん。

04

毛皮目的で狩猟され、今では岩陰にひっそり暮らしてるそう。。。

「ゼニガタアザラシ」

ゼニガタアザラシは、日本沿岸に定住する唯一のアザラシです。

07

個体数は全世界で約50万頭ぐらい。

日本には900頭ほどが生息すると言われています。

過去に北海道で乱獲されたことがあり、一時期個体数が急減しました。

01

現在は狩猟は行われていないらしく、ちょっとだけ増えていってるみたいですが

絶滅危惧種に指定されちゃっています。

「ケナガネズミ」

02

ケナガネズミは日本の沖縄本島、奄美大島、徳之島だけに住む、

超めずらしいネズミです。

木登りが得意で、ほとんどの時間を木の上で過ごします。

なので森林伐採などで森が減ってしまうとたちまち大ピンチに。

木がなければ生きていけないケナガネズミはどんどん数が減少してきているようです。

08

と、まぁ4種ほど紹介しましたが

絶滅の危機に陥った理由はいずれも99%人間のせい。

悲しいことですね。

だからといって動物愛護団体のような考えは持ちませんが。

ましてやシーシェパードなどというおかしなやつらも意味不明であります。

おっと話がずれた。

というわけで絶滅の危機に瀕している生物は多々いるわけです。

人間のせいだからって昔の人を責めるではなく、

しっかりと今後保護していけるような世界になれば素晴らしいですね。

いや、保護してるんやけどな。

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top