その他

【煩悩を三振!】海外大暴れ投げ祭り特集【論文を犠牲フライに!】

【煩悩を三振!】海外大暴れ投げ祭り特集【論文を犠牲フライに!】

bannermisaki




こんにちは!学生生活もあとわずかとなってきましたインターン生のコナンです。

多くの大学生は春休みに入り旅行やら遊びやら飲み会やら楽しそうなシーズンに突入していますね。私も卒業旅行で友達とハワイに行ったあと彼氏とディズニーランドのシンデレラ城でお姫様気分に浸り、その後は地元の友達と遊んで北海道を満喫して、一人旅に出かける予定です☆全部妄想です☆
・・
・・・・
・・・・・・妄想。

そう、全部妄想。

全部妄想。

私にはこんな予定微塵もありません。代わりに卒業論文という大きな壁が立ちはだかっています。現実とは残酷で冷酷ですね。文系の学生がはしゃいでいるのを横目に黙々とパソコンとランデブーしています。そんな私、現在Facebook恐怖症です。Facebookを見ていると皆充実していて発狂しそうになります。卒業旅行でハワイ?パリ?インド?知らんがな。リア充の充実物語なんて知らんがなーーーーーーーー!!!!

発狂して物を投げつけたくなってきます。(※情緒不安定ではないのです)ということで前ふりが長くなりましたが今回の記事のテーマは「祭り~あれもこれも投げつけてすっきりしよう~」です。

それでは早速見ていきましょう。

携帯電話投げ祭り:フィンランド

mobile
今一番参加したい祭りです。

Facebookの通知をしてくる私の携帯電話を投げる言い訳ができます。ちなみに投げる携帯電話は220グラム以上で飛距離やテクニックを競うとのことです。テクニックって・・・フィギュアスケートみたいなかんじですかね。優勝したら新しい携帯電話が貰えるようです。

結局Facebookからの呪縛からは逃れられないみたいです。

ラ バッタッリャ デッレ アランチェ(オレンジ投げ祭り):イタリア

orange
痛そう。流血することもあるらしいです。いくらなんでも流血はさすがに・・・。
うっぷんを晴らすために痛い思いをするのは嫌です。

それでもイタリア人は自ら痛い思いをしてでもオレンジを投げてストレス発散をしているのか。しかも会場となるイタリアのイブレアはオレンジが収穫できないのでわざわざシチリアからオレンジをわざわざ仕入れてるとのこと。さすがはイタリア人。祭りに対する情熱が違いますね。

トマティーナ(トマト投げ祭り):スペイン

tomato
地獄絵図と見間違うほどのこの祭り。トマトを投げ合うお祭りです。楽しそう!!!ストレス発散できそうですね。なによりオレンジより硬くないから痛くなさそうです。安全第一。

約120万トンのトマトが用意されており、参加者の増加とともにトマトの量も年々増えているそうです。

エンファリナッツ(生卵小麦粉投げ祭り):スペイン

nuts
生卵を投げつけ小麦粉を噴射する。

・・・まるで天ぷらづくり。オレンジやトマトとは違うベタベタ感に見舞われそうです。生卵と小麦粉をかけあった後は踊るそうです。天ぷら一歩手前のおじさん方が仲良く踊る・・・シュールですね。

トマトや卵、小麦粉を人に投げるなんてスペイン人はストレス発散方法が斬新です。

ハランプラス祭(カブ投げ祭り):スペイン

buran
カブを投げます。しかもめちゃくちゃ固い。
数千人が悪魔役のハランプラスに向かって1万5千個のカブを一斉に投げつけます。20分間ひたすら投げつけます。スペインさん、いくらなんでも過酷すぎやしませんか。しかも20分間耐え抜かないと腰抜け野郎のレッテルを貼られるというまさに苦行。

日本の節分が生ぬるく感じますね。しかしこのハランプラス役2030年まで予約でいっぱいだとか。
ここまで来るとスペイン人が不思議です。不思議っ娘スペイン。


さて、5つの祭りを紹介しましたが祭りに行くならスペインがアツいみたいです。
みなさんも日頃のうっぷんを晴らしにスペインに行ってみませんか?


カゴメ 野菜生活100 オリジナル 200ml×24本
カゴメ
売り上げランキング: 22
150キロのボールを投げる!―速い球を投げるための投球技術とトレーニング法
竹内 久外志 花岡 美智子
ナツメ社
売り上げランキング: 82,014

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top