サブカル

【サイコパス】PSYCHO-PASS劇場版公開!

bannermisaki

【サイコパス】PSYCHO-PASS劇場版公開!



こんにちわ。
緒方です。
はい、公開されましたね、PSYCHO-PASS劇場版。

08

さっそく公開初日の本日見に行ってきましたよ!
東京は便利ですね。
レイトショーなるものがあって。
素晴らしいです。

今日の生物ブログは、サイコパスに合わせてテーマを「人間」にしたいと思います。

舞台は、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とした「シビュラシステム」(以下シビュラ)が導入された西暦2112年の日本。
人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。
その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測されており、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた。
そのような監視社会においても発生する犯罪を抑圧するため、厚生省管轄の警察組織「公安局」の刑事は、シビュラシステムと有機的に接続されている特殊拳銃「ドミネーター」を用いて、治安維持活動を行なっていた。
この物語は、このような時代背景の中で働く公安局刑事課一係所属メンバーたちの活動と葛藤を描く。
第2期は第1期終了時点から1年半後から始まり、シビュラシステムと公安局に攻撃をしかけてくるシステムに認知されない犯罪者を追うことになる
ウィキペディアより!!

と、いうストーリー。
まぁようするに、人間全員の「犯罪係数」という悪さ数値がついていて、規定値を超えたやつは犯罪してなくても予備軍として逮捕。
もちろん犯罪おかしたやつは即ぶっころ。
といった、なかなか死ぬ率が高いアニメでもあります。

そんなサイコパスでは人間の善と悪というか、
そういった部分を描いてる感じがします。

そしてどんな動物よりも知能がある人間はやっぱり怖い。

ということで知ってるようでしらない、世界の人種について書いてみましょう。

人種

07

まず、人種というものの大前提ですが、人類は大枠では一つの種「ホモサピエンス」です。
その直下にある分類として人種というものがあります。
人種とは分類であって、種と定義するものではないというのもありますが。
が、結局その「人種」というワードが、差別や戦争の発端となることが多々あるため
人種という分類自体が否定される傾向にあるということ。

これを踏まえた上で下記を書いていきましょう。

コーカソイド(白人)

04

コーカソイド (Caucasoid) は、の主要な居住地はヨーロッパ、西アジア、北アフリカ、西北インドです。
白色人種、白人とも訳されるが、日照量の多い地中海沿岸部や中東、インド亜大陸では暗色の肌や毛髪を有する者も多い。
コーカソイドとは、カスピ海と黒海に挟まれたところに位置する「コーカサス」(カフカース地方)に「…のような」を意味する接尾語の -oid をつけた造語で、
「コーカサス系の人種」という意味。
まぁ簡単に言うと僕らが呼ぶところの「白人」です。
「世界で一番優れている」といった認識が自然とどこかにうかんでしまうのは、敗戦したDNAga刻み込まれているのでしょうか。
それともどんどん日本がグローバル化して、白人世界に合わせて言ってるからでしょうか。
不思議なものです。

モンゴロイド(黄色人)

03

モンゴロイドは、東アジア・東南アジア・南北アメリカ大陸・太平洋諸島及びアフリカ近辺のマダガスカル島にも分布する。
黄色人種の名はヨーロッパ人と比較した際のモンゴロイドの肌の色に由来するが、実際のモンゴロイドの肌の色は、
淡黄白色から褐色までかなりの幅がある。
ネグロイドやオーストラロイドのような極端に黒い肌はみられない。
日本列島に到達した縄文人は古モンゴロイドとされています。
日本の先祖もそもそもはこのモンゴロイド。
東南アジアなど、「アジア系」の人々です。
確かに僕たちに近いですね。

ネグロイド(黒人)

02

ネグロイド(Negroid)は、人種のひとつ。
黒人、黒色人種、ブラック(Black)などとも言われる。
ラテン語のniger(ニゲル、黒)に由来するが、英語風にニグロイドとも言います。
要するに「黒人」です。
HIPHOPなどで多用されるスラング「ニガー」は黒人のことを指しますが、
ここが由来だったことを初めて知りました。
白人至上主義であったころに侮蔑用語でしょう。
いろいろなレキシがありますが割愛します。

オーストラロイド

01

オーストラロイド(英: Australoid)は、オーストラリア大陸、ニューギニア、メラネシアを中心としたオセアニア州及びスンダ列島、
フィリピン、タイ、スリランカ、ムンバイを中心としたインド西南部から南部などの東南アジアから南アジアにかけての地域に分布する。
オーストラロイドということなので、オーストラリアをイメージすると、白人に近いイメージがありますが、
根本はモンゴロイドに近いもの。
そういえばオーストラリアも島で、特有の生物も多種います。
なんとなくアジアに近いのも納得行きます。

でもこの考えも白人が素晴らしく、アジア(モンゴロイド)はどこかガラパゴス的な位置に捉えてしまっている自分がいるからこその考え。
よくないです。

カポイド

05

最後にこのカポイド。
カポイド(Capoid)は南部アフリカに居住するコイコイ人(ホッテントット)とサン人(ブッシュマン)の2民族を総称した人種概念である。
コイサン人種とも呼ばれる。
5人種説ではモンゴロイド、コーカソイド、ネグロイド、オーストラロイドと共に人種群の一つに分類されたが、コンゴイドと共にネグロイドの2大区分の一つとする場合もある。
近年の研究ではミトコンドリアDNAを見ると15万年前から9万年前に他の人種から分岐した形跡があるという。
初期ホモ・サピエンスの特徴を残しており、アフリカ最古の人種ともいわれる。
かつてはアフリカ大陸南部に広く分布していたが、バントゥー人の南下に押され、今日ではナミビアからボツワナ、アンゴラ、南アフリカなどカラハリ砂漠周辺に居住する。
要するに最古の人種に最も近い人種。
現在では上記のなかに含んだりふくまなかったりのようです。

と、いうわけでいかがでしたか?
正直この分類方法知らない人のほうが多いんじゃないでしょうか。
実際僕も知らなかったし、普通に勉強になっておもしろかった。

結局人間はホモサピエンスというひとつの種であって、
肌の色が違い共同生活、共同の文化を営むという部分から名目上分けているだけである。
とも言えるし、
実際肌の色が違うからそれはある種の進化、という味方もできます。

永遠に決着はつきそうにない議題です。

ちなみに肌の色の違いも知っていますか?
もともとのホモサピエンスはネグロイド(黒人)が一番近い。
とても暑い地域(アフリカなど)で生まれると、紫外線が相当強い。
その紫外線を浴びすぎると発ガン物質などが含まれるためよろしくない。
じゃあ体のなかのメラミン色素を強くして、色を濃くしよう。
髪の毛も風通しよくチリチリ真っ黒にしよう。
これがホモサピエンスであり、現在の黒人の皆さんの起源。

そして紫外線の強くない地域に移った白人。
彼らは逆に紫外線んが足りなくて吸収するために白くなりました。

そういった敬意でこのような分類になっていくわけです。

僕はサイコパスの話からなぜこんな人類の歴史に迫っているのでしょうか?
本来は人間は怖い。悪の部分を出そうと思っていましたが、
なぜかテンションあがっちゃってどうしようもありません。

今日の文字数やばいと思う。

06

というわけでみなさん、劇場版サイコパス。
ぜひ見に行ってください!!!

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top