ニュース

【日本三大奇祭】おしろい祭りとは!?

【日本三大奇祭】おしろい祭りとは!?

bannermisaki




こんにちは!
本日はインターン生小南が記事を書かせて頂きます。
今回は12月のお祭りを紹介します。

12月の一大イベントと言えばクリスマスですね。最近は街がイルミネーションできれいに輝き、まだ12月の初めだというのにそわそわしている自分がいます。皆さんはサンタさんの存在を信じますか?私は22歳になった今でもサンタさんは実在していると思っています。一度でいいからお会いしたいですね。サンタさん、今年のプレゼントは……

さて、話が長くなりましたが、今回はそんなクリスマスのお祭りの話……

ではないです!!!!

ここまでのクリスマスの話はなんだったの!?っていうぐらいクリスマスに関係ないお祭りの記事を書きます。このお祭りを発見した時の衝撃が大きすぎて、瞬時にクリスマスの記事を書くといった選択肢はなくなりました。クリスマスに触れたのは私の欲しいものを皆さんに知ってもらうためです。プレゼントはいつでもお待ちしています。それでは、クリスマスが吹っ飛ぶほどインパクトがあるお祭りのご紹介をしたいと思います。こちらです。

face_01
顔面を真っ白にするこのお祭りの名は「おしろい祭り」、福岡県朝倉市杷木大山で毎年12月2日に行われています。このお祭り300年以上も続いているという、伝統的なお祭りだそうです。歴史ある祭りということで、もちろん顔をこんなにも白くするのにも深い意味があります。

昔からの「伝説」によると、大山祗神社を「山の神」と呼び、山の神は元来「女の神様」といわれています。その「女の神様」がお化粧をする事を意味し、「おしろいをぬる」といわれています。
このおしろいは、新米(初穂)を粉にして水でといて(しとぎ)顔にぬるもので、昔の農家の人が、氏子の繁栄と新穀の豊作を神に感謝し、来年の五穀豊穣を祈願する、全国でも類のない奇習とされています。
おしろいの顔の付き具合で来年の「作柄」を占い、このおしろいは家に帰るまで顔を洗ったり落としてはならず、火の中に入れると火事になり、帰って牛馬の飼料に混ぜて飲ませると無病息災だといいます。
参照: 朝倉市観光情報

五穀豊穣を祈願するお祭りは全国各地にありますが、新米を水でといて顔にあんなにも豪快に塗るのはとても珍しいですね。普通、おしろいを塗るととても品が出ます。

face_02
美しい。
しかし、おしろい祭りでは……

face_03
上・・・品・・・?
・・・笑顔が素敵ですね。そう!笑顔が素敵なんですよ。普通おしろいを付けた方の笑い方ははんなりわらいですよね。でもこのように心からの素敵な笑顔が見られるのがこの祭りの魅力ですね!!!

face_04
ちなみに家に帰るまで顔を洗ったり落としたりしてはいけないということで、お祭りが終わった後の街にはこんな光景が・・・

face_05
みなさん、いかがだったでしょうか?来年の12月2日は朝倉市に行って顔を白く染めてみたくなった人も多いのではないでしょうか。
クリスマスで浮かれる前に是非おしろい祭りに足を運んでみてください!


大人の探検 奇祭
大人の探検 奇祭
posted with amazlet at 14.11.23
杉岡 幸徳
有楽出版社
売り上げランキング: 125,697
日本の祭りがまるごとわかる本 (晋遊舎ムック)
芳賀日向
晋遊舎 (2013-07-04)
売り上げランキング: 177,031
太鼓の達人 みんな集まれ!ユラユラ祭りだドン!
メガハウス (2014-05-01)
売り上げランキング: 10,440

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top