サブカル

【今が旬!】牡蠣!カキ!絶品二枚貝岩牡蠣の生態【鍋に網焼き・・・】

bannermisaki

【今が旬!】牡蠣!カキ!絶品二枚貝岩牡蠣の生態【鍋に網焼き・・・】



どうもこんにちわ。
最近奇妙な生物どころか、くっそ美味い生物シリーズになってきています。

ネタがないんじゃないんです。
おなかが減ってるんです。

冬って寒くて嫌だけど、食べ物だけは最高においしいと思いませんか?
なんでこんなにも美味いんでしょうか。

さて冬と言ったらやっぱり鍋ですよね。
その中でもやっぱり牡蠣ははずせないと思います。

07

今日は美味い牡蠣を紹介していきましょう。

牡蠣

もう言わずもがな。
日本人のだいたいの人が大好きな牡蠣です。

でも皆さん食べ物としての牡蠣はもちろん御存じでしょうけど、
牡蠣の生態って知ってますか?

まず牡蠣は「ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称」らしいです。
あるいはカキ目。海の岩から「カキ落とす」ところから名がついたんだって。

マガキやイワガキのような食用のカキは広く知られていますが、
カキ類は総じて岩に張り付いて成長します。
なので、波の当たり具合や、その土地の状況で殻の形なども様々になります。
だから分類が超難しいらしい。
未だに何目なのかわかんないぐらいに。

要するに牡蠣ってのは二枚貝の種類のひとつなんだが、この現代においてもわけわかめということなのです。

では僕らが普段食べている牡蠣の種類について書いて行きましょうか。

マガキ(真牡蠣)

01

最も一般的な牡蠣。日本で牡蠣といえばだいたいこいつです。
本来は冬が旬ですが、現在は夏でも食べれる「3倍体牡蠣」なるものも開発されているそうです。
天然物と養殖物の両方がある。

イワガキ(岩牡蠣)

02

マガキと対照的になんと夏が旬。
「夏ガキ」とも言われています。
殻の色が茶色っぽく、マガキに比べて大きいものが流通するらしいです。こちらも天然物と養殖物の両方がある。

スミノエガキ(住之江牡蠣)

03

有明海沿岸で食用にされていますが、他所へはほとんど出回らない幻の貝。
マガキにごく近縁な種で、殻の表面はやや滑らかです。

シカメガキ

04

八代海や有明海、福井県久々子湖に分布するカキの種類。
八代海周辺で食用にされたが、1946年頃熊本県八代市鏡町からアメリカに種ガキが輸出され、現地で養殖が進むと八代海では生産されなくなりました。
アメリカに輸出されたシカメガキは現在もワシントン州沿岸を中心にクマモトの名で養殖されているそうです。
小振りながらクリーミーで濃い味が特徴。
これは熊雄と出身としては一度食べてみたい。

イタボガキ(板甫牡蠣)

05

かつては多く食用にされていて、能登半島や淡路島周辺が有名な産地でしたが、現在は瀬戸内海地方で僅かに市場に出回る程度で、絶滅危惧種状態です。。。
食用のみならず貝殻が最上質の胡粉の原料となる点でも重要であり、本種の復活と養殖技術開発の努力がされています。

ヨーロッパヒラガキ

06

ヨーロッパ原産で、イタボガキに似た外観で輪郭が丸く平たい貝。
別名:ヨーロッパガキ。
市場ではフランス牡蠣、ブロン、フラットなどとも呼ばれます。
日本では宮城県気仙沼市の舞根(もうね)などで僅かに養殖され、高級食材としてフランス料理店などに卸されています。
昔のヨーロッパ、特にフランスでカキと言えば本種のことであったが、1970年代以降、寄生虫などにより激減しました。
需要をまかなうために日本産のマガキを輸入して養殖するようになり、それ以来フランスなどで流通するカキの相当部分は日本由来のマガキであるといわれています。
2011年、東日本大震災の津波により宮城県のカキ養殖施設が壊滅状態に陥った時には、フランスのカキ養殖業者達がかつて日本に助けてもらった恩返しとして、養殖施設の復旧に協力した。

というわけでいかがでしたか?
牡蠣シリーズ。
正直全く見分けつかん。

さて画像見ただけで今日は牡蠣食べようと思うレベルで美味そうですが、
最後に食中毒について触れておきましょう。

牡蠣の食中毒

まぁ牡蠣は「あたる」食材として知られていますよね。
食中毒になってから食べれなくなったなんて人も多くいます。

牡蠣の毒は基本的に生食をすることでやられてしまいます。

現代の日本国内で流通している生食用のカキは、食中毒を極力回避するために生産・流通段階でいくつかの対策がとられています。
例えば、生食用として販売されるカキには加工基準が設けられていて、カキそのものを対象として規格基準が設けられています。
さらに、保存基準、表示基準も規定されているらしいです。

要するに生食用として売られている牡蠣以外を生で食べちゃうからそんなことになるんだよね。
これはどれにでも言えますが、一部のルールを守らない人のせいで何かが制限されていくってのは悲しいことです。

みなさんも本当に気をつけて食べてください。
まぁマジで美味いから仕方ないよね。

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top