その他

【新入社員の歓迎会にぴったり】受付嬢(爺?)の焼酎道場【甲類焼酎豆知識】

bannermisaki

【新入社員の歓迎会にぴったり】受付嬢(爺?)の焼酎道場【甲類焼酎豆知識】



いらっしゃいませ!!

焼酎大好きな方!
よくわからずに飲んでいる方!!
お酒が苦手な方、どうも好きになれない方・・・

焼酎のことが今よりちょっとでも分かることでより楽しめ、飲みたくなりますよ。

いつも無意識に楽しんでいる焼酎に「甲類」「乙類」という分類があるのをご存知でしたか?

一見、非常に似ているようでも原料や製法にはいろいろと違いがるのですよ。

では、この2つはどのように違うのでしょうかね~。

まず今日は「甲類」ですな!!



甲類焼酎

一般的にホワイトリカーと呼ばれる無味・無臭・透明の焼酎でピュアなクセのない味わいが特徴です。
分かりやすく言うと、大五郎、鏡月、JINROなどがこの部類ですね。

●ホワイトリカー
度数: 35度
家庭用果実酒に用いられるよ。
なんと100円で60mlのアルコールが摂取できるという大変お買い得




でました!
●大五郎
『子連れ狼』シリーズに登場する架空の人物で拝一刀の子
原作者の小池一夫が母親から譲られた幼児の姿をした博多人形を基に作画者の小島剛夕が描いたものといわれる。

柳生烈堂の陰謀により、母・薊をはじめとする一族が殺害され、さらに拝家が取り潰されると、父・一刀とともにこれに復讐すべく江戸を脱出し、自身は箱車(乳母車)に乗り、それを父に押されながら全国を渡り歩く。
父と自分を除く一族が皆殺しにされたことや刺客を生業として全国を渡り歩く父と行動を共にするためか、普段はいたって無口で、発する言葉は父を呼ぶ時の「ちゃん!」くらいなものである。また、その目は普通の剣客では持つことの適わぬ眼・死生眼(ししょうがん)を持ち、これは父とともに多くの人々の死をその眼で見てきたからこそ会得にいたった。時には、栄養不足のために病気に倒れたり、父とはぐれたりすることもあったが、僅か3歳にして水鴎流の技の一つ・斬馬刀を使うこともあった。
物語の最後では父とともに江戸に戻り、八丁河岸で宿敵・烈堂と対決する父を見送り、一刀が力尽きると代わって烈堂を倒し、本懐を果たした。




●大五郎
度数: 25度
蔵元: アサヒビール
すっきりとした飲み口で、ピュア&マイルドな味わい。どんな飲み方でも満足できる。
これはコストパフォーマンス高いです。
アルコール度数5%のビールに換算してみると100円で1リットル飲める計算になります。




●鏡月
度数: 25度
蔵元: サントリー
韓国有数の名水地、雪岳山(ソラクサン)系の天然水で仕上げた高級韓国焼酎。
口当たりなめらかでほのかな甘み、すっきりとした後味です。




●JINRO
度数: 25度
蔵元: 眞露ジャパン
すっきりとしてピュアな味わいで、どんな料理とも相性がよい韓国焼酎。
主原料は米と麦、不純物を取り除き蒸留後、韓国馬山地下深水をブレンド。すっきりとピュアな味わいです。




●宝焼酎「純」
度数: 35度・25度・20度
蔵元: 宝酒造
11種類の貯蔵熟成酒によって、芳醇でまろやかな味わいに仕上がったワンランク上の甲類焼酎。



近所のスーパーでもよく売られている量が多くて安~い焼酎です。

ストレートやロックで飲むよりも、お茶割り、サワー、酎ハイやカクテル、果実酒など加工用に使用にして飲まれることが多いですね。

安くてすぐに酔っぱらえるということで、悪酔いした経験がある方も多いはず!!

焼酎は安くて簡単に酔えるイメージが強く、あんまり旨いもんじゃないというイメージもあるかもしれませんね。

でもね、比較的近代になってから生まれた物で、「新式焼酎」とも呼ばれていた頃もありましたよ。


◆主な原料は糖蜜、サトウキビ、トウモロコシ、麦などで、それを糖化し発酵して、何度か蒸留を行います。
それによって純度の高いアルコール(約96度)を作り、これを水で36度未満に薄め、調熱、ブレンド、ろ過、精製します。
成分はほとんどアルコールと水だけな感じかな~。

◆酒税法では
『アルコール含有物を連続蒸留機(パテント・スチル)…何回も繰り返して蒸留する方法で蒸溜したアルコール度数36度未満、

エキス分は2度未満の酒類で、ウィスキー類、スピリッツ類に該当しない物』と定められています。

【朗報】

糖質、脂質がゼロという低カロリー、翌日の酔いざめが良いという、うれしい特徴もあるんですよ。

◆ご注意◆
・未成年の飲酒は法律で禁じられています。
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児、乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
・お酒は適量を。



それでは次回もお誘い合わせの上、焼酎道場へぜひご参加くださいませ~。

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top