ニュース

宮古島のデストロイヤー

bannermisaki

宮古島のデストロイヤー



はいさーい

セブンコードの代表濱野です。宮古島の寄り道その2の公開です。(その1)

宮古島のカニは、なぜか超危険察知能力が高く、めちゃくちゃすばやいという事前回お話いたしました。前回記事

カニのベストショットを取るべく、動きまくった合間にとれた写真を本日はご紹介いたします。

とにかくカニをはじめ、魚など素早すぎるのでカメラに収められません。

すぐ近くをグラスボード用の船が通るのですが、今回は意地でも乗りません。

あの船に乗れば、海底がきれいに取れるのは当たりまえなんです。

身近な美しさを取るのがカメラマンたる姿勢なんです、たぶん。

カニも魚も疾風のごとく逃げられると、必然的に写真をとるのが貝になります。

のろくていいですね。カメラマンへの愛を感じます。

宮古島は大自然いっぱいというだけあって、貝殻はあまりありませんでした。

見つける貝の99.999%は中身が入っています。 貝殻を見つけるほうが困難なのです。本当に自然いっぱいですね。

さっと波打ち際の貝を動画でとりました。

動いているでしょ?? タイミングよくザーって波が着てほしいんだけど、そうはうまくいかないですね。

この貝なんか、貝の癖に速くないですか??? さすが宮古島。この貝もあと何十年か経ったら進化して、目にも止まらぬ速さで動くのでしょうか。

その頃にはこの貝は「ハットリ君貝」なんて名前がついているでしょう。なんだか、ツッコミみたいな名前ですね。

貝を追っていると、すごい生き物を発見しました!!!

どうですか??? 気持ち悪くないですか?? なんなんすかね。この未知の生物は。。。。

また新種を発見してしまいましたが、喜びよりも恐怖と不気味さが勝ってブルってます。

ここから宮古島を侵食するのでしょうか。カニがすばやいのも、こいつらから逃げるためかも知れません。

まさに宮古島のデストロイヤー。この触手、マジやべ~、触ろうとは微塵も思いませんでした。

カニを追って、カメラを構えていると、いたる所にこのデストロイヤーがいます。

てか、このデストロイヤーしか生き物の写真を取れません。

もう、なんか、こいつが可愛くなってきました。

カメラを構えてもこいつだけは応えてくれます。

生き物ですよ~って手を振ってくれるんです。

どうでしたか? 

え? さびしくないかって? このままデストロイヤーの写真しか載せないのでいいのかって??

セブンコードの代表を見くびらないでいただきたい。

沖縄の中でも最高のキレイさを保つ宮古島まで来ているんです。

とった半分の写真がデストロイヤーじゃ男が廃るってもんですよ。

見よ!! 最高の一枚! これぞ沖縄よ!! イソギンチャクにお魚ちゃんが埋もれるレア写真じゃ!! 

やればできるでしょ?

どうでしたか?? 宮古島をお楽しみいただけましたか?

また、離島に寄ったらキレイな写真に挑戦したいと思いますので、よろしくお願いします!!

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top