WEB戦略

【プロモーション】企業で行う配信コンテンツのススメ【生放送】

【プロモーション】企業で行う配信コンテンツのススメ【生放送】

bannermisaki




お世話になります、杉浦です。

近年ネットでのライブ配信が一般的になってきましたね。

ニコニコ生放送やツイキャス、Ustreamやyoutubeライブなど多くの配信サイトがあります。

様々な企業がライブ配信コンテンツに参入して、惨敗を帰している状況が有りますが弊社もその一部と言えるでしょう。

なぜ企業が行う配信が難しいのか。。。

なぜ誰もコメントをしてくれないのか。。。

なぜ視聴者が一桁から増えないのか。。。

そんなお悩み解決します!

企業が行う配信の問題点

AL005_konnnahazujyanakatta20140830500-e1410242826139-1

    ① 面白くない

まずこれです、単純に面白く無いんです!当たり前のことですが皆さん見ていて面白いテレビ番組じゃなければ見ないですよね。
面白いのが大前提であって視聴者が興味をそそられる内容、出演者、企画でなければ見るわけがありません。

    ② プロモーション色が強すぎる

開始初期の配信において、視聴者の全てはゆるい参加者です。
初期の段階から製品・企業のファン、むしろ積極的に宣伝してくれるような人が居ることはまずありえません。
自分自身がネットでなんとなく見た配信のなかで自社製品をなにも面白みのない方法で何度も紹介されてみてください。
まずその配信を見続けよう、また見に来ようなんてことは思いません。

参考になるかどうかわからないですがこれを紹介しておきます。

SIPS~ソーシャルメディア生活消費行動モデル概念~
広告に接触すると買わなくなってしまう人もいる
 

    ③ リアルタイム双方向性メディアへの理解が少ない

元来メディアは単方向であり、言ってしまえばターゲットを想定して、受け取った人に後は委ねるものでした。
従来プロモーションは悪く言えば独りよがりのモノでした、クリエイターの感性に任せる部分が大きく効果も計りにくいものでプロモーションと実売の因果関係が見えづらいものです。
しかしそれを良しとしてきた企業の感覚があるため、リアルタイム双方向性メディアを使ったプロモーションを行う際に独りよがりな事をしてしまいがちです。

『今まで見えていなかったユーザーが見え反応を返してくれる、でも想定していた内容と違う、どうすればいいんだ』

『こんなユーザー居たのか、ターゲットと違うからどう扱っていいのか・・・』

当たり前ですよね、今まで見えないし聞こえないものが突然見えるようになったら、想像と実際は違いますからね。

解決の方向性

①面白くない ②プロモーション色が強い ③リアルタイム双方向性メディアへの理解が少ない

この3つの問題点を解決する方向性としてキーワードになってくるもの、それは・・・

『コミュニケーション』

これです。









知ってるわ!!!







PAK86_aaaaaaaaaaaaa20140713500 (1)

知ってるわ!!!

そう思う方も多いでしょう、でもコミュニケーションです。
世の中的にもコミュ力だ!今の若者にはコミュ力が足らない!と言われる事が多いですね。

コミュ力使った配信スタイル

まずここで話すコミュ力を定義します。

コミュニケーション能力(コミュニケーションのうりょく、communication ability)とは、一般的に「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。
これに対してコミュニケーションスキル(communication skill)とは、人と人の間でコミュニケーションをとる方法・手法・テクニックを理論付けし、検証を行い技術または知識としてまとめたもの。コミュニケーション能力とコミュニケーションスキルを同義に扱う企業も多い。なお、「相手の目を見てはきはきと話す」「アフターファイブは同僚と酒を酌み交わして親睦を深める」といった、人と直接会うことに伴う能力のみをコミュニケーション能力とするのは誤用であり、電子メールや手紙による、顔を一切合わせない付き合いでもコミュニケーション能力は問われる。参照

wiki的にはこんな感じですね、一般的にはコミュニケーションスキルの意味も包括した意味で使われています。

ここでは一般的な意味で話を進めていきます。

ライブ配信は基本はこれです、しかし例外として出演者には強烈なキャラクターの人物がいる場合は劇場型の配信が向いています。

※劇場型とは演劇やドラマなどの一部であるかのようであること。物事の進められ方が、予め決まった台本があるかのように巧妙に進展したり、周囲の人間や関わっている人々を魅了したり圧倒するような演出などに溢れていること。「劇場型犯罪」「劇場型政治」などという風に使われる表現。参照

その人を見ているだけで楽しいからです、でもそんな人間なかなか居ませんし企業で行う配信においてタイムコストの掛かる芸能人的なプロデュースを行う労力はかなりのものだと思います。

なので基本はコミュニケーションを意識した上で作る集会型の配信を行うことが望ましいと考えます。

具体的にどうすればいいの?

コンセプトを決め、トークテーマを決め、ざっくり流れを決め、どうしても入れたい内容を決めたら・・・

配信スタート!!!!

これで良いです、配信の内容に関してあまり決め事を多くし過ぎるとコミュニケーションに重点をおいて始めたはずの配信が決め事で融通が効かない配信になり集会型配信を観に来ていた視聴者は離れます。

本筋に話を戻したい時はトークスキルで話をそちらに持って行って下さい。

『そんなの難しいよ!!そんな経験ないんだから!!』

こう思う方、正直多いと思います、でもよく考えてみてください。

営業してる時って実はこんな感じじゃないですか?

営業をしていた経験があってある程度自信の有る方ならわかると思います、この配信に求められているスキルと営業のスキル似てませんか?

◯コミュニケーション力

◯会話の中で話の流れ本筋に持っていく力

◯その場の切返しの上手さ。

◯初対面の人に好印象を与える力

実は広報よりも営業のほうが配信メディアに向いてる事がバレてしまいましたね・・・

そう、企業でライブ配信メディアを使って活動を行っていきたいと思ってこの記事を読んでいる人に向けて言います。

トップ営業の方を配信メディアに引きずり出しましょう!!!!

まとめ

面白いことを念頭において視聴者とコミュニケーションを取りながら、自分と会社を好きになってもらいましょう。

広報的な考え方より営業的な考え方のほうがうまく行きます。

コメントの1つ1つは文字ではありません人です。目の前に人がいて話してると思った方が良いです。

2X2A0680

本日のモデル
玉宮 葵   玉宮さんブログ

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top