その他

黄金色に染まる!秋田竿燈まつり2014

黄金色に染まる!秋田竿燈まつり2014

bannermisaki




東北三大祭り・秋田竿燈まつりにいってきた!

皆さんこんにちは。小南です!
9月に入ってもまだまだ暑いですね。私は北国出身なので暑さにはかなり弱いです。
もちろん夏は苦手です。今年も7月8月はぐったりしていました。

ところで皆さんは知っていますか?この暑さの中で最高に楽しむ方法を。
え?知らない?
では今回、特別にこのブログを読んでいる皆さんだけに教えましょう。
最高に楽しむ方法それは

MATSURI

そう!お祭りです!
春夏秋冬色んなお祭りが開催されていますが、やっぱり暑い中で行われる祭りは高まる!!!
テンションが高まること間違いなしです!

話は少しそれますが、私は今、日本一日照時間が短い秋田県に住んでいます。
日に当たる時間が短いと、心なしか気分がどんよりしてきます。

そんなどんよりした気分を吹き飛ばすために
秋田竿燈まつりに行ってきました!!!
001
竿燈祭りって?何??
そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

秋田竿燈まつりとは国重要無形民俗文化財で、東北三大祭りの一つ。
竿燈全体を稲穂に、提灯を米俵に見立て、額、腰、肩などに乗せ豊作を祈る。
最も大きい竿燈である大若には提灯が46個あり、重さは約50キロある。
宝暦年間には原型があったとされる。

wikipedia引用~

つまり、イネの豊作を祈った歴史ある伝統的なお祭りなんです!
差し手が竿燈をあげ、お囃子が笛と太鼓でお祭りをより盛り上げる。
期間中秋田県から放出されるエネルギーはすごいことになっています。

竿燈まつりは技を披露する妙技会が行われる昼竿燈と200本以上の竿が一斉に上がり秋田の町をオレンジ色に染める夜竿燈があります。
今回初めて昼竿燈に行ってきたのですが、会場が緊張感に包まれていました。
今年は生憎の雨で体育館の中で決勝が行われましたが、普段は青空の下で妙技会が行われます。
002
妙技会では差し手は直径6mの円の中で、基本演技が忠実かつ安定しているかを競います。

50キロもある竿を額や腰に乗せるなんて想像できません。
ちなみに技のうち腰がもっとも難しいそうです。
差し手は規定演技と自由演技があります。言うならばアイススケートのショートプログラムとフリー演技のようなものです。

竿が長くなったり、華やかになったりするなど、自由演技の方が盛り上がりを見せます。
竿が長くなりすぎて折れてしまうといったこともあります。
こちらの写真は今回の自由演技の中で最も竿が長くなった竿燈です。
体育館の屋根まで届いてしまうのではないかと思うくらい高くまっすぐに竿が伸びていました。
003
もちろんお囃子も競います。
が、体育館の中で行われたので音が反響しまくり、素人の私には区別がほとんどつきませんでした。

そして夜竿燈は楽しむ!というイメージです
004
会場内はいたるところから「どっこいしょーどっこいしょー」といった掛け声が飛び交い、祭りを盛り上げます。
途中で竿を継ぎ足し、竿燈をどんどん高くしていきます。
長くなれば長くなるほど提灯の重さで竿がしなっていきます。
005
「実るほど 頭の垂れる 稲穂かな」

この俳句が頭をよぎるほど竿がしなっていました!
すごい!!この一言に尽きます。

ちなみに差し手になれるのは男性だけです。女性が竿に触れると竿の上にいる神様が怒って災いが起きるとされているからです。
また、竿燈まつりが終わった翌日に御幣流しが行われるそうです。こちらも男性だけで行われるそうです。

ここで女性のみなさん、朗報ですよ!
なんと、差し手がイケメンなんです!!
もはや全員がイケメンに見えます。
50kgの竿をかっこよく持ち上げている姿を見てしまえば、虜になってしまいます。
目が離せません。
たまに竿が観客席に向かって倒れてくることがあるんですが、観客を全力で守りに来てくれます。とにかくイケメンです。
006-1
また、夜竿燈が終わった後はふれあい竿燈が行われ、竿燈会のお兄さんお姉さんとお話したり、太鼓をたたいたりすることができます。
私も太鼓をたたこうと思ったのですが、お兄さんお姉さんと話しすぎてまさかの時間切れでたたけませんでした。計画性は大切です。。。

さぁ、皆さん!竿燈まつり行きたくなりましたよね?
竿燈まつりは毎年8月3日から6日まで行われています!
今年は残念ながら終わってしまったのですが、来年夏の最高の思い出に竿燈まつりに足を運んでみてはいかがでしょうか?

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top