おふざけ

セブンコード殺人事件 エピソード2 【謎解き編】

bannermisaki

セブンコード殺人事件 エピソード2 【謎解き編】



前回までのあらすじは、エピソード1【事件勃発編】をご覧ください。!!

セブンコード殺人事件 エピソード1

frolic-20-oo

「犯人は・・・」

frolic-20-14
frolic-20-15

frolic-20-17

「小林さん自身です!!」

frolic-20-16
「ええ~!?」

frolic-20-18
「はぁ!?」

frolic-20-19
「ああああ!!!?」

frolic-20-oo
「小林さんは小食なくせして、お店で無駄に多く注文します!!」

「大方今日も朝食を食べ過ぎて腹痛で倒れたところ、頭を打ったのでしょう。」
「つまり事故です。事件性は無いですね!!

frolic-20-14-2
「えっと、頭に傷は無かったみたいだけど・・・」

frolic-20-oo
内出血を起こしているので分からないのです!」

frolic-20-14-2
「・・・・・・『うし』ってメモは?」

frolic-20-oo
「朝食に牛丼を食べるのを忘れないようにメモしてたんじゃないですか?それが偶然手の中に。

frolic-20-14-2
「・・・・・・!?」

frolic-20-20
「あ、あれは確か、小林の3DS!!何故牛久が!?」

frolic-20-21
「いや~、今日も謎を解いた!!」
「完膚なきまでに論破するのは気持ちがいいものです!!」

frolic-20-22
「・・・だめだこりゃ」

frolic-20-24
frolic-20-25
「おいこら!」
「死んでねーよ!ちゃんと確かめてよ!」

frolic-20-26
frolic-20-27
「お前もだ!!牛久!!」
「いきなり首絞めるとは何事だ!!??」

frolic-20-28
frolic-20-29
「小林さん、すみませんでした!!・・・つい、小林さんがモンハンに取られた気がして。」
「僕、小林さんのことが・・・」
frolic-20-28-2
「それ以上言うな!!牛久!!」
「まあ、ちゃんと生きているし、許してやるよ!・・・それと、これを使えよ。」
frolic-20-30
「これで一緒に狩りに行けるな!」
「おいおい、そんなに引っ付くなよ。やっぱりお前は可愛いな。」






frolic-20-31-2

「・・・」
「・・・やっちゃった。」
「全然的外れだった・・・。」
「僕の推理・・・。」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・二人とも仲よさそうだな。」
「・・・僕は一人。」
「・・・社長に大きな口を叩いてたのに。」
「・・・立つ瀬がないよ。」
「・・・もう、僕の存在価値なんて。」
「・・・きっと、もう。」
「・・・」
「・・・」
「・・・」
frolic-20-32

「あ・・・。」

frolic-20-33

frolic-20-34

「お前、何期待してんだぁ~~!!」
「この役立たずがぁ!!!!」













ご覧頂きありがとうございました!!

frolic-20-3-25-2

あくまでもフィクションなので、社長はこんな酷い台詞言いませんし、牛久くんはゲイではありません(当たり前か)
これからもKOBAの妄想ストーリーを色々配信したいなと思っています!!
感想や『こんな事して』というリクエストを頂けると光栄です!!

お粗末様でした!!

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top