サブカル

オレたち花のバブル組 作者:池井戸 潤【読書感想文】

bannermisaki

オレたち花のバブル組 作者:池井戸 潤【読書感想文】



こんにちは!おねぎです。
産休に入ったのに、出しゃばってブログに出て来ました☆

今回読書感想と言う事で、おすすめ本を紹介させて頂きます!!

baburu-1



「オレたち花のバブル組」作者:池井戸 潤

ご存知の人も多いはず。
昨年テレビドラマで話題にもなりました「半沢直樹」の原作の本です。
私もテレビドラマを見て、はまった一人です。
今年も池井戸潤さんの原作がいくつかドラマになっていますね。

現在このシリーズは2冊出ていまして、1冊目が「オレたちバブル入行組」2冊目が「オレたち花のバブル組」です。
2冊目から読んでも、話はわかる様になっていますが、1から読みたい方はオレたちバブル入行組から読んで下さいね!
ちなみにどちらの内容もテレビドラマにて放送している内容にはなりますが、テレビドラマを見た人も見ていない人にも、読んでもらいたいと思います。

(ちなみに、小説は2冊とも、テレビドラマの中で放送されているお話なので、新しい小説内容ではないです。)

baburu-2



物語は銀行の中での話ですが

お話は銀行の中でのお話ですが、銀行に勤める人以外の人でも、共感できる部分が多いかと思います。
主人公は理不尽な会社の中でも、這い上がって、切り抜けて行くその様がとてもかっこいいので読んで頂きたいです。
そして、主人公の半沢直樹は常に自分の今の位置に満足せずに上を目指す姿勢。
所詮、お話の中だから出来る話だよと、他人事の様に思わずに、今の自分に出来る事を探していくという事をこの小説から読み取って自分の力にして頂きたいなと思います。

あまり多くを語るとネタばれになってしまうので、話の内容には触れない様にここまでにしておきますね!

baburu-3



オレたち花のバブル組の中から名言を紹介

今回、本の中から一行名言を抜粋させていただきました。
「人生というものは結局のところ自分で切り拓くものである」

働く人に限らず、この言葉は全ての人に言えるものかと思います。

baburu-5

自分の人生は自分が決めるしかないんですね。
それをこの小説は面白く、教えてくれる本だと思います。

是非、読んでみて下さいー☆

baburu-4

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top