未分類

【読書感想文】戦国大名の外交

bannermisaki

【読書感想文】戦国大名の外交



book-27-3

戦国時代の印象は、血で血を洗うような武力行使と胆力のぶつかり合いがよく作品として描かれていますが、この本では戦国時代のもう一つの側面、国同士の知的な駆け引きの象徴である外交について書かれた一冊です。

関東に目をやると、もともと駿河と相模が甲州に対抗する駿相同盟でしたが、今川義元(駿河)が、武田氏(甲州)と婚姻し、同盟を結んだために、駿河は甲州に包囲される形となってしまいました。ちなみにその直前に、今川氏の家督争いに、北條(相模)が介入し、義元を今川家に継がせる一助をしています。そのあと武田氏は信玄による父の締め出し、そして北條氏も家督の交代により、甲州と相模が和睦をはたし、甲駿相三国同盟がなされます。このように、敵対関係と同盟関係は常に流動しており、一言でその関係を言い表すことができないことが、実に日本的な奥の深さを感じます。

book-27-1

戦国時代の外交は、すでに現代的なおだやかな手順を踏むことで、双方の武将、大名がとどこおりなく外交を執り行えるシステムが確立していました。それが取次ぎと言う職務です。同盟や和睦などを2領地間で行うさい、あらかじめ取次ぎが、書類をまとめたり、首脳会議のプログラムを用意しておき、双方の大名、将軍が、お互いの言い分、情報などを知っておくことで、会議の本番はなかば儀礼的にスムーズに執り行われるというものです。会議の場に双方の領主が立つと言うことは、ほとんど両者で話し合いがついたことを意味しており、会議自体は周りの臣下と民に印象付ける一種のイニシエーションというわけですね。面子と美しさを今よりずっと重視していたからこそのシステムでもありましょうが、事前学習によって会議が実りあるものになることは、戦国時代も現代も同じことですから、見習いたいものだと思いましたね。

武田氏と北條氏が同盟を結んださい、武田家臣駒井紅白斉と北條家臣桑原盛正は、小山田出羽守信有の本拠地谷村で会議を行いました。小山田氏は甲斐の国人であり、当時すでに武田氏の国衆となっていたが、それまで武田信虎に抵抗をしていたときに、北條氏に軍事的支援を受けていたと言うことで、武田氏と北條氏、その双方と関係を持っていたのです。このように、戦国時代の外交は、いわゆるホーム&アウェイの不公平が生じぬよう、中立地点で行われました。このような中立地点を当時は「半途」と呼び、同盟や和睦の会議を半途で行うのはルールのひとつでした。戦国時代という、領地を流動的に奪い合う戦乱の時代にあっても、最低限の決まりごとはあったことを示唆すると同時に、コミュニケーション力に優れた国は、多くの国間の半途として、重宝がられて、それは半途となった国の利益にもなったことでしょう。これは現代の仕事においても存分に応用出来るものだと思います。

book-27-2

外交に用いられる文書を起請文(きしょうもん)といい、2国間の取り決めの内容を書いた「前書き」と、神々の名前と共に、前書きを違反するとこの神から罰が与えられる、と書かれた神文からなりますが、ここにも波風を立てずに平和裏に進めるための工夫が見られます。まずは起請文の誓約事項は、両国の大名がそれぞれ相手方の大名に守って欲しいことがらを提案すると言うことです。この仲介も、前述した取次ぎの仕事です。自分が提案した内容を相手が批准するのですから、同盟を結んだあとに不公平感がないですし、提案をされなければ気が付かないようなことも、相手方がもとめていることを知ることが出来るため、同盟を結んだあとの互いの国の効果、利益を最大限に発揮できたと思われます。交渉においては、とりあえずねだってみれば、その要求にはこちら側が思っていたよりも相手方にとって容易な申し出であった、というようなことも十分に考えられますから、そのような可能性を引き出せずに眠らせておくのはもったいないという、合理的な考え方からくるものでしょう。また同時に、カマトトぶって上品にしていては、たとえ同盟をむすんでいても周囲の敵対国の脅威に晒されるという緊張感からも、生産的な提案は惜しむことが出来なかったのかもしれません。そして起請文の後半部分である、神文にも外交の成功を願う演出があります。それが、両大名が共通して信仰している神を、その神文に用いると言うことです。互いに領地領民を守るリーダーとしてゆずれぬ気持ちがあり、なかなか簡単には分かり合えないものであっても、同じ神の教えに納得し、帰依して今までやってきたという縁があれば、仲間意識が芽生えるというものですよね。話し合いをする両者の共通点を見つけ出し、接待などに用いるという意味では、現代のサラリーマンがゴルフや麻雀を用いて親睦を深めることも、わが国に古くから伝わる文化を参考にしたものなのかもしれません。

book-27-5

合戦、同盟破棄が行われる前には、事故の決定の正当性を証明するために、相手国と周辺国へ書状が送られました。これにより、とりきめを感情的に一方的に破って暴力に及んだのではないということを記録としてのこすことができるし、書状を送った後に相手側が譲歩に応じてくれば、同盟の存続の方向に舵を切りなおすこともできるのです。このように、書面でのコミュニケーションは自らの国が知的な話し合いに応じる姿勢のある近代国家であるということを知らしめ、影響力を大きくすることにも大きく貢献していたと考えられます。

武田氏が天文23年に信濃国衆木曽義康や下条信氏らを従属させたため、東美濃の国衆岩村(岐阜県恵那市)、苗木(中津川市)の両遠山氏も従属したのですが、美濃の斉藤道三は国衆を武田に奪われる形になったため、武田側に向けて出兵。このように国衆の所属がもとで大名間の合戦が起こることもしばしばありました。このとき武田信玄は川中島で上杉謙信と対峙していたため、一時に2つの戦を行うのは危険と判断し、道三に使者を送って外交による和平を試みています。このとき岩村遠山家は斉藤と同盟を結んでいた織田と婚姻関係を結んでいたため、武田と斉藤、どちらの大名にも属する「両属」という状態に陥りました。その後、斉藤と織田が離反し、織田と武田が同盟を結ぶことで両属の状態は解消されます。このように有力大名に挟まれた国領を持つ国衆は、従属の重複と言うジレンマにも時には頭を悩ませながら、領地の安定をはかっていたことが伺えます。

国同士で複雑に絡み合った利害関係は、戦に入る前にワンクッションおいて熟考することにもなりますし、平和と発展に欠かせない、そんなことも思わせてくれる一冊です。

book-27-4

お知らせ

みちゃきのバレンタインの一部値下げ致しました。
ソロ番組がかかっているので、ぜひ応援お願いします。!
【みちゃきのバレンタイン】

tyktyk

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top