なりたい社畜(じぶん)になる

Toggle

Black story

【本音で】新卒採用は失敗だった?社長を問い詰める!【語り合いたい】

【本音で】新卒採用は失敗だった?社長を問い詰める!【語り合いたい】

01

s01「さて・・今年も新卒採用が始まるなぁ。がんばってイイ子を取るぞお!!」

02

s02「今年はどういう戦略で行こうかな。去年は「ブラック企業へようこそ」のサイトで緒方君達にやられたからなぁ。何か違う方法を模索して。。。」

o01「社長!ひとつ言いたいことがあるのですが。」

s03「お、緒方くん!ちょうど探してたんだ!今年の採用を・・・」

o01「いえ、僕もそのことなんですが。」

o01「社長。まだ新卒採用を続けるつもりですか?」

s03「あたりまえじゃないか!会社を伸ばすためには・・・」

03

o01「これを見ていただきたいのですが。」

00

o01「新卒12名中、生存しているのは3名です。そしてその3名ともが虫の息です。」

s04「う・・・・・・・」

04

s04「それは失敗ではなくて、貴重な経験を積んだん・・・」

o01「ではこちらを次に見てください。」

02

o01「正直自分でも・・・ドン引きしました。」

s04「・・・ちがう・・・」

05

s05「確かに、それだけのお金はかかっているけど、採用した人間がお金を1円も産んでいないわけではないだろ」

o01「まあ、確かに社長の言うとおりです。では、どれくらい回収できたと思っています?」

s06「そりゃ~、、もちろん、全額回収。。。」

08

s05「全額回収はしていない。半分ちょいは、ちゃんと働いてお金を稼いでると思う」

o01「半分って!!いくらだと思っているんですか!!?}

s05「だいたい、いきなり採用して黒字になるっていう考えがおこがましんだよ。
みんながみんな採用して黒字を出してたら、世の企業は誰も困らんわ!!!
俺の社長仲間も言っていたぞ!三年目からやっと採用がわかってきたってな。」

・・・だいたい、2015卒のウッシーとかれらちゃんは優秀じゃないか」

02

o01「確かにうっしーとかれらちゃんは素晴らしいですよ。そして残ってくれている子ももちろんいます。」

s01「そうだろ?優秀だし、たくさん辞めていく先輩の姿をみても、セブンコードが好きだと言ってくれて入社してくれたんだからさ。スキルも大事だけど、会社を好きっていうのは何よりも一番重要な事だろ」

o01「でも、それはそれ。これはこれ。」

s05「自分も認めてるじゃないか!二人が優秀だって」

o02「えぇ。それは認めています。二人は優秀です。」

s01「だろう?あの二人はうちの会社が大好きで入ってきてくれたんだ!ふふふ!成功だ!」

o02「そうです。あの二人はうちの会社が好きだと言って入ってくれました。」

o02「でも・・・」

o03「でも・・・見てください!

o03「半年経って・・・淀んで・・・死んだ魚のような目をしてきている二人を・・・」

01

o03「それだけでは、ありません。」

o03「・・・どうなってるんですか・・・」

s06「・・・何がだ?」

o03「5万歩譲って新卒の離職率は納得します。でも・・・・」

08

o03「なんで、幹部全員辞めるんですか・・・・・・っ!!!」

03

s04「・・・それは・・・第二創業期だから・・・」

o03「幹部は全員いねぇ!!!新卒も辞めまくり!!!マジで!!!どうするんですか!!!」

10

s06「そうか、緒方君がこんなに壊れていたとは知らなかった。」

s06「きっと幹部が辞めて行ったのも、新卒が続かないのも、本音で語り合えていないからだ。」

s06「もっと・・・本音で語り合おう・・・」

09

s04「緒方君!みんなと本音で語り合いたいよ!」

11

s04「聞いて来てくれないかな?」

o02「わかりました・・・どんな答えが返ってきても受け止めてくださいね・・・どんな答えでも・・・それが本音なのですから・・・」

13

09

●この後に
本音の企画を社長が考えました。を見る
「その企画も無理だったら・・・・」を見る

●他の社畜達のインタビューも見てみる。
「新卒ウッシーに本音を聞いた結果・・・」を見る
「新卒かれちゃんに本音を聞いた結果・・・」を見る
「中途採用山Pに本音を聞いた結果・・・」を見る
「今年入社の新卒に本音を聞いた結果・・・」を見る
「セブンコード退職者に本音を聞いた結果・・・」を見る

●もう社畜達は見てて辛いから、次の企画を見る。
「大学辞めて入社したら100万円!!」を見る
「その企画も無理だったら・・・・」を見る

keiri_kakuyasu_banner

FACEBOOKでコメントする

フェイスブック

Return Top