小南

【ポスカで】こなんのアニマルきら☆メイク~最終回~【フェイスペイント】

【ポスカで】こなんのアニマルきら☆メイク~最終回~【フェイスペイント】

こんにちは。こなんです☆ 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 いやー。2015年が終わって早1ヶ月がたとうとしています。 この1ヶ月も怒涛のスピードで過ぎていきました。 たぶんこのままジェットコースターにのった感覚で時は過ぎていき、 右に揺られ左に揺られ一回転したりして、気づけば結婚してない60歳になっているのではない…
もしも米澤が泣いた赤鬼だったら

もしも米澤が泣いた赤鬼だったら

1章)社畜のメンヘラ化 沖縄に一人の社畜(よねね)が住んでいました。 よねねは会社の人以外に友達がほしいと思っていて、ある日ブログでこんな記事を書きました。 「心優しい社畜のよねねです。どなたでも声をかけてください。 美味しいご飯を作れます。あなたの好きな歌の弾き語りもします。」 しかし基本のほほんとした性格のうちなん…
【ポスカで】こなんのアニマルキラ☆メイク~番外編:そうだ泡盛を飲みに行こう~【フェイスペイント】

【ポスカで】こなんのアニマルキラ☆メイク~番外編:そうだ泡盛を飲みに行こう~【フェイスペイント】

こんにちは!こなんです。 沖縄に来てもう9ヶ月も経ってしまいました。 ようやく沖縄も涼しくなってきて、私の時代が来たなと感じる今日この頃です。 この9ヶ月で沖縄っぽいことはほとんどできたと思っています。 ダイビングもしたし、離島にも行ったし、美ら海水族館も行ったし、てびちも食べたし、外人の友達もできた。 ああ。もう。満…
もしもラガイシュンが浦島太郎だったら【昔話その2】

もしもラガイシュンが浦島太郎だったら【昔話その2】

1章)同期パワー 昔々あるところにしゅん太郎という片言で日本語を話す香港人がいました。 ある日しゅん太郎が海へ行くとそこには何やら人だかりがありました。 何があったんだろうと思い近づくと複数の大人が1匹の亀(こみ)を問い詰めていました。 濱野さん「どうしたの。海にいたときはサーフボードに乗って世界城巡り企画やりたいって…
【ポスカで】こなんのアニマルキラメイク その7【フェイスペイント】

【ポスカで】こなんのアニマルキラメイク その7【フェイスペイント】

こんにちは。 こなんです。 今日も沖縄は暑いです。 年末年始は帰省しようと思ってるんですが、今手元にある一番厚手の服がユニクロのUVカットの夏物のパーカー。 このまま帰ったら完全に頭をおかしい人扱いされるので、コートを買うか否かすごくまよっています。 でも実家に帰ればめっちゃコートあるんだよなああああ。 だけど送るのは…
もしも、、、もしも社長が桃太郎だったら

もしも、、、もしも社長が桃太郎だったら

1章)桃とあなたとわたしの出会い 昔々あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯にでかけました。 おばあさんが川で洗濯をしていると、川上からドンブラコ~ドンブラコ~と大きな桃が流れてきました。 「おやおやなんじゃい、大きな桃や、これを持ってかえればおじいちゃんもさぞ…
【ポスカで】こなんのアニマルきら☆めいく~ハロウィン番外編~【フェイスペイント】

【ポスカで】こなんのアニマルきら☆めいく~ハロウィン番外編~【フェイスペイント】

こんにちは。こなんです。 10月もまもなく終わるというのにいまだなお激アツな沖縄。 むしろ、10月入って会社のクーラーの温度が上がったのかなんなのか、ただただ暑いです。 7月8月9月長袖で過ごしてきましたが、10月に入ってからは主に半袖で過ごしています。 お家ではクーラーを付けることは流石になくなりましたが、窓をあけて…
Return Top