SNS・SEO・アクセスUP

SEO対策の業者・サイト運営のWEBコンサルティング会社の選び方

bannermisaki

SEO対策の業者・サイト運営のWEBコンサルティング会社の選び方



WEB運用の中級編3部作の最後じゃ。

前回の「今後のSEO対策の仕方、これをすれば勝てるホームページ運用」のポイントは

・儲けるポイントは制作から販売までの複数の工程をできるようになる
・足元にあるネタを活用してサイト運営のコストを下げる

この2点じゃな。

今回は業者の選び方のポイントじゃ。

3回に分けたそれぞれのポイントが生きてくるんじゃわい。

1部で話したポイント「SEOに絶対はない」そして経営にも絶対はないわの。

という事はじゃ。業者選びは「何を信じるかではなく、誰を信じるか」という事になる。

大きな会社だから安心と言っても、担当者で雲泥の差というのはよくある話じゃ。

会社を選ぶのも大切だが、自分の担当が誰になるのかでホームページの勝敗は8割きまるんじゃないかな。

ビジネスも「何をやるかより誰とやるかが大事」という言葉と一緒じゃな。

もうホームページ運営は経営と同じなんじゃ。

広告の一つと思ってたら大怪我するぞい。

今後のIT業界。SEO業者とWEBコンサルティング業者

わしらIT業界も変わっていかねばならん。

アパレルの通販はHPというよりも雑誌化しておる。

制作と販売とコンテンツ提供を一緒にやっておる所が伸びておるのじゃ。

という事はSEO業者もWEBコンサルティングの能力が備わっていないとSEOも上がらない。

1部で話したとおり、きちんと運営しないとキーワードがなかなかあがらないのが現状じゃからな。

という事は、こうなっておる。

SEO業者 ≒ WEBコンサルタント

SEOで上位にあげるのが難しくなった。
SEOは終わったとささやかれておるが、それでもSEO対策はWEB運営にはまだまだ重要な要素じゃ。

運営のエキスパートのWEBコンサルタントに依頼してもSEOが全くだめでは利益はおちるんじゃないかの。

ホームページ運営を細かく分けてみた。

ざっとこんな感じかの。

このどの部分をお願いして、どの部分を自分たちでやるのか。

これを明確に決めて依頼する事が肝心じゃ。

この依頼する分担部分を依頼主が理解してないと、良くある「ホームページを作ってもらったのに売り上げがあがらない」とか、「SEOを頼んだのに利益があがらない」って事になるんじゃ。

ここでセブンコードのCMもさせてもらおうかの。

セブンコードは自前で全て運営している事業が幾つかある。

だから、全ての工程を経験しノウハウもある。

一貫した戦略の効率性も提案できる。

それを行うために「既存事業イベント化」というのを掲げて自ら取り組んで実証し結果も出しておるわけじゃ。

そして、まとめてやれるから、打ち合わせや管理を一度にすませてコストダウンできる。

という事はじゃな。一個一個の工程作業も質を落とさなくても安く提供できるってわけじゃな。

ホームページを依頼するときに自分はどの立ち位置にいて、どこをお願いするのか。どこを自分でやるのか。明確に理解することがもっとも大切じゃ。

最後にもう一度言わせてくれ。



もうホームページを丸投げで稼げる時代は終わったんじゃ。

すべてが掛け算で繋がった運営をしないと利益がでない。

一番肝心なのは、右側の事業運営という事は言うまでもない。ホームページを運営をしなくても事業運営がしっかりしていれば、問題ない。

事業運営を基板にどれだけ、掛け算でつなげるか。仮に金額ではなく予算の数値を20で表せば、ホームページ制作に20を使うのではなく、それぞれに5ずつ割り振り、「5 X 5 X 5 X 5」とバランスをとったほうが効果がでるという事じゃ。

もちろん足し算ではなく掛け算でつながってないと意味が無い。

例え今ままでの昔ならではやり方で利益が出ていても絶対に長くは持たない。

ホームページ運営は会社経営と同じようにチームが一丸となって、一個一個の工程が繋がっていないと結果がでないのは理解してもらったと思う。

言い換えれば、ここ最近はホームページ運営の一個一個の工程をうまくつなげて成功している会社が各分野で出現してきている。

そやつらを相手に今までの方法では利益が確保できない事は言わんでもわかるわの。

そのあたりのリスク管理をしっかりした上で、どのタイミングでホームページ運営を次のやり方にアップグレードするか。

今後の会社経営につながる大事な判断であるとわしは思うぞ。

SEO・WEBコンサルティングの業者選び・最後のまとめ

まず、ホームページの運営戦略を立てる。

・「何を信じるかではなく、誰を信じるか」で任せる相手を選ぶ。業者も担当社員も同じじゃな。

・ホームページ戦略のどこの工程を外注し、どの工程を自社で運営するか明確にすること。

この2点さえハッキリしておけば、問題ないじゃろ。

何回も言うが今までとホームページを取り巻く環境は変わってきたという事を知っておいてほしい。

その上で今後の判断を決めてくだされ。もし少しでも迷ったり悩んだら、主にはセブンコードがついておる。もちろん相談は無料じゃ。

これをみて電話をかけてくれたと言ってくれれば、社員はみんな喜ぶでな。もし電話を下さるような事があれば、ぜひ一言言ってくだされ。

セブンコードの社員がガンバってこのブログの更新をしておる。その培ったノウハウは必ず読んでくださる方のお役に立てる事はこの白斎が保障する。

では、今後もクスッと笑えて役に立つブログを心かけて運営するので、末永くお使いのほどよろしくお頼み申し上げます。

もう一度繰り返し読みたいという方はぜひ参考にしてくだされ

今回は一つの記事で書ききれなかったから、3つ分けて更新しました。

1、SEO対策に対するSEO業者の見解と本音

2、今後のSEO対策の仕方、これをすれば勝てるホームページ運用

3、SEO業者とWEBコンサルティングの選び方

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top