SNS・SEO・アクセスUP

SEO対策に対するSEO業者の見解と本音

bannermisaki

SEO対策に対するSEO業者の見解と本音



父親の会社が倒産する。

ふぉっふぉっふぉ。どうじゃ、大塚商会にも真似できんダジャレじゃろ。

どうも、白斎じゃ。

今回は、ちょっと専門的な内容になるぞい。主にWEBの事を外注する方、それに関わる方向けの内容じゃ。

中級者向けの内容じゃの。これを理解できる学生がいれば自信を持って良いぞ。

まず、わしが声を大にして言いたい事は。

「SEOの事は誰にもわからない・SEOに絶対はない」

ここを念頭に置く事が大切じゃ。つまりグーグルの一部の人間しかわからないからな。だってアルゴリズム(上位表示される基準)はグーグルが作っておるしアルゴリズムの詳細はグーグルのトップシークレットじゃ。

この「SEOの事は誰にもわからない・SEOに絶対はない」を念頭に入れておかないと、いい加減な業者に頼んでしまい目も当てられなくなってしまうぞ。

もうひとつ、次に伝えておく事がある。

「グーグルの言う事も絶対ではない。」

おいおい。意味不明だろって声が聞こえてきそうじゃな。

グーグルが作ってるアルゴリズムのプログラムだから、グーグル以外は正しい事がわからない事は理解していただいてるかな?

次にプログラムの事を理解して欲しい。プログラムにはエラーやバグがつき物じゃ。

グーグルが公表しているサイトのあるべき姿がある。いわゆるガイドラインじゃな。

グーグルが目指す「ユーザーのためになる検索エンジン」をつくるために、こういうサイトの作りが好ましいと親切に公開してくれているわけじゃ。

そのガイドラインに適した「ユーザーのためになるサイト」を検索エンジンで上位表示するようにアルゴリズムは作られておるわけなんじゃ。

さっきも言った通り、プログラム作成に関わった方なら分かると思うが、プログラムにバグやエラーはつき物じゃ。

グーグルのガイドラインに適したアルゴリズムのプログラム作成をしていても、バグやエラーが発生するから、必ずしもグーグルのガイドラインに適した通りの上位表示に評価されないという事がある。

仕様変更(アルゴリズム変更時)などある時はまさにそれじゃな。「え?うそ~ん。なんで?言うとおりに作ってるや~ん」なんて思ったWEB担当は数知れないじゃろ。

セブンコードもその数知れない一社じゃ。

・その昔、WEBマスターツールができて推奨されていたから、WEBマスターツールをいれた。
とたんに順位が下がったわい。WEBマスターツールをはずしたら元に戻ったな。

・nofollowが設定されているブログ等からリンクを張ってもSEOに意味がないと言われておるが、そこからリンクを張ったら順位があがった。

・相互リンクは良いとされてきたが、予告なしに、相互リンクしているサイトは問答無用で圏外に落ちた。

上記のような事がある。

一個一個の検証した結果を書くとキリがないからやめておくが、結論は「SEOに絶対はない」という事。そして、「グーグルの言う事も絶対ではない」という事を基本概念に持っておいてほしい。

ここまで読んでみて、「セブンコードはSEOの技術が低いからこんな事を言っているんじゃないか?」なんて思う方に見て欲しいものがある。

「SEO」で検索をかけてみて欲しい。 2014.2.5の結果をスクリーンショットで移したものじゃ。
画面がでかいから全部見たい人は、画像をポチっと押してくれ。

seo

リスティング広告以外、上位10位全てが「SEOのやり方」「SEOに対する説明」のページが上がっておる。

SEOに強い業者がいれば、当然ながらSEO契約のページを上位表示させるじゃろ?

でも、そういったページはすべてリスティング広告の表示枠にある。

つまり、どのSEO業者も「SEOに契約をつなげたいページ」はSEOで上位表示する事ができずリスティングに頼っているのが現状なのじゃ。

最後のまとめじゃ。SEO対策に対する業者の本音じゃな。

これはあくまでわしの見解じゃからその事は忘れないでくれな。

SEOに絶対はない。

グーグルのいう事が100%正しいわけではない。

そして、最後に伝えたい事がある。



グーグルが目指すものは100%正しい。

つまり「ユーザーのためになる質の良いサイトを上位表示をさせる」これを実現するためにグーグルはアルゴリズムを今後も改善していく。

サイト運営者はガイドラインの基本を押さえて、グーグルの目指す質の良いサイトを作っておれば自然と上位表示されるのじゃ。

ちなみに多くのSEO業者がワードサラダと言われる中身のない文章の量産でSEO対策をしていた時、わが社はグーグルの目指す事を尊重して、すべてオリジナルで文章を作っておったからセブンコードのサイトは大して影響がなかったわい。

ちょっと前にあった、ペンギンとパンダ事変じゃの。

※ペンギンとパンダ事変とはペンギンアップデートとパンダアップデートの導入でWEB業界に激震が走った時の事じゃ。ワシが勝手にそう呼んどる。

この3つの考えを念頭において、WEB運用やいろいろなテクニックおよび情報をあつめれば、まず大怪我はせんじゃろ。

「SEOに絶対はない」
「グーグルのいう事が100%正しいわけではない」
「グーグルの目指す事は100%正しい」

外注を考えている人たちに気をつけて欲しいことがある。

一部だけをかいつまんで、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどを持ち出して営業トークで不安を煽る業者にはちょっと注意してほしい。

えらそうにいう輩には「御社はSEOというキーワードで上位表示されているのですか?」なんて返答してくるかで、どんな会社かだいたいわかるじゃろ。

今回は一つの記事で書ききれなかったから、3つ分けて更新していきたい。

1、SEO対策に対するSEO業者の見解と本音

2、今後のSEO対策の仕方、これをすれば勝てるホームページ運用

3、SEO業者とWEBコンサルティングの選び方

なんかサザエさんの予告みたいじゃの

SEOの基本的な考え方を理解していただいた上で、次は2のホームページの運用方法を書いてみたい

では、またな。ふぉっふぉっふぉ

友達にも社畜を教えよう

fresh-baner

Return Top